きゅうりの浅漬けを作ってみた 漬け物って簡単に作れるんだね

    きちんと夕食が食べられなかった時期はようやく脱したようだ。とはいえ、まだ以前のようなボリュームを食べられるところまでは回復してないんだけどね。
    それでも毎日夕食を食べるとなると、あれこれメニューを考えなきゃいけなくなってきた。いままではおかずを作るにしても、とりあえずは「めんつゆ」の味つけメインでやってきた。でも、どうやらこの作戦はいき詰まってきたようだ。

    たとえば生姜焼きを食べたいなということになると、市販の生姜焼きのたれを買ってたんだけど、これがね、美味しくないのよ。なぜかな。以前はそこまで気にならなかったと思うんだけど、どうも添加物の味が鼻につくというか、すんなり食べられなくなってしまった。
    となると自分で調味料を使ってということになる。まぁ、基本は「みりん」に「料理酒」だよね。いままでは使い切れないんじゃないかと封印して買わずにすませていたんだが、もう限界。ということで解禁した。

    ついでにといってはなんだが漬け物も「きゅうりのキューちゃん」でお茶を濁していたんだが、自分で作ってみることにした。
    いや、いままでいろいろ作ってきたけど、漬け物ははじめてだ。
    まさかぬか漬けは漬けられないので、チャレンジするのは浅漬けだ。これもどうやら市販の素があるんだが、この際なので自分で味つけをすることにした。
    といっても、生まれてはじめてなので、まずは第一歩ということでとてもシンプルなものを作ることにした。
    きゅうりの浅漬けだ。しかも塩と顆粒だしだけのシンプルなものだ。

    まずはきゅうりをてきとうなサイズにカットしてジップロックに放り込み、塩と顆粒だしをそこへ振りかけるだけ。できるだけ万遍なくまぶしてから、きちんと密封して冷蔵庫へ。これで完成だ。あら簡単。これだけだとちょっと寂しいかなと思って、今回は鷹の爪の輪切り加えてみた。

    一時間も経てば食べ頃ということで夕食に食べてみた。
    これで浅漬けになるんだろうかとちょっと訝しんだんだが、ちゃんと浅漬けになってました。そうか、こんなに簡単に作れるのか。
    しかも、忘れていたきゅうりの味がきちんとしていい感じ。
    なるほどこれで浅漬けができるなら白菜とか茄子とか大根でも漬けてみるかな。ついでにたとえば白だしとか塩昆布とか使って、もうちょっと複雑な味にもチャレンジしてみるのもいいかもね。

    しかし、このぼくが漬け物作るなんてね。考えてもみなかったよ。


  

  

One Reply to “きゅうりの浅漬けを作ってみた 漬け物って簡単に作れるんだね”

  1. […]     これは前回も書いたんだが、このところちょっときちん料理を作ろうかという気になっている。 いままではてきとうで、できるだけ手抜きで済ませましょうということ […]

コメントを残す