ぼくと珈琲との関係 ず〜と紅茶だったんだけど珈琲はどうなんだろう ?

    朝、紅茶を淹れるのがルーティンになっている。もういつごろか判らないほど前からこれが定番になっている。
    記憶を辿ると逗子に引っ越しをする前、日吉に住んでいるころも紅茶を飲んでいたので、十年以上も前から習慣になっているわけだ。
    なぜ紅茶なのかというと考えるにたぶん淹れるのが手頃だからだろう。

    そもそも一時期、珈琲に凝っていたこともあった。大学のころなんだけど、その都度、電動の珈琲ミルで豆をきちんと挽いて、ドリップ方式で淹れていた。珈琲豆はじつは寿命がそんなに長くはない。だから焙煎した豆を飲むときに挽いていたわけだ。
    ドリップ式なので、ドリッパーとサーバーがあればいい。それでも豆をその都度挽いて、きちんと適温に湧かしたお湯でていねいに淹れるというのは、それなりに手間ではある。そもそもお湯の入れ方だってとてもデリケートだ。
    大学のころに通っていたカフェの、その当時の言い方だと喫茶店だね、マスターは真剣勝負といった顔でいつも珈琲を淹れていた。

    ということで、なんとなくきちんと珈琲を淹れるであれば、とりあえずティーバッグをぶち込めばいい紅茶が手頃でいいやということになったんだと思う。まぁ、ものぐさということですな。

    そんなぼくだったけど、このところなぜか珈琲をきちん淹れて飲むのもいいんじゃないかと思いはじめてきた。
    理由はよく判らない。もしかしたら、いま執筆している「彼女が見た海」という作品ではメインとなる舞台のカフェでていねいに珈琲を淹れるシーンが出てきて、それで刺激を受けたのかもしれない。
    まぁ、単純なこと。ふむふむ。

    でも専用のケトルを買って、珈琲ミルを買って、しかもお気に入りの豆を見つけてとなるとかなりの手間になる。だからとりあえず珈琲のことが気にはなっても、やはり珈琲を淹れるのはどうかと躊躇してしまう。珈琲が飲めないと生きていけないという体質でもないしね。

    でも珈琲のことが気になっていたからなんだろう。スーパーで興味深い商品を見つけてしまった。
    それが BOSS 「CAFE BASE」だ。
    簡単にいうと濃縮珈琲ね。

    インスタントとは違って珈琲そのものを濃縮したものだ。原材料もコーヒーと香料だけ。香料ってのがちょっと気になるけど、スティックコーヒーだと植物油脂なんてものがたっぷり入っていたりするので、それに比べるとまともだといえる。
    ということで出来心で買ってしまった。

    五杯濃縮なので、四杯の水か牛乳で割ればいい。まことに手頃である。
    どんな味がするのかさっそく今朝試してみた。「CAFE BASE」を 50ml、お湯を 200ml で作ってみたんだが、きちんとした濃い珈琲の味がする。香りもしたんだけど、これは香料かな。でも淹れ立ての珈琲の香りが鼻をくすぐる。

    一本で十杯分ということなので、しばらくは楽しめるだろう。
    これを飲んでぼくにとって珈琲がどんな存在なのかをちょっと試したいと思っている。
    それこそ毎朝珈琲でなければ、となれば、ちゃんとドリップで淹れるのもいいだろう。まずはぼくと珈琲との距離感を確認しましょうかね。



  

  

コメントを残す