秋分の日の今日は万年筆の日でもある こう見えても万年筆を使っているんだよ


    秋分の日だ。昼と夜の長さが同じになる日といわれているけど、正確には昼の時間の方が若干長いらしい。
    なんだがそれと同時に万年筆の日でもあるらしい。1809 年にフレデリック・バーソロミュー・フォルシュが万年筆の起源となる筆記具の特許を取得したのが 9 月 23 日なんだそうだ。
    今朝「虎ノ門ニュース」を観ていてはじめて知った。ふむふむ。

    ぼくは昭和の人なので、ぼくにとって万年筆は大人の文房具だった。中学生への進学祝いでは万年筆を贈るのが一般的だったと思う。
    小学生のときなんだが、歳上の従兄弟が万年筆ですらすらとメモを書くのを見て憬れていたことを覚えている。そういう意味で小学生ではなく、中学生になってはじめて手にできる文房具だった。だから大人の文房具なのだ。ついでにいうとぼくにとって大人の象徴のひとつに腕時計がある。これも憬れの品のひとつだったなぁ。

    いまどきの人は万年筆なんてまったくといっていいほど使わないだろうけど、ぼくはいまでも万年筆が好きだ。
    いま使っている万年筆は二種類。ひとつは LAMY の「Safari」だ。出かけるときは MOLESKINE のノートとともにリュックに入れている。いつから使いはじめたのかというと、たぶんだけどシステム手帳を使いはじめたころだったと思う。まさか鉛筆でメモを書くわけにもいかず、ボールペンはインクだまりで手が汚れるのが嫌で、どうしたらいいか考えて万年筆に決めた。
    といってもこの「Safari」を選ぶまで文房具屋、というか銀座伊東屋といえばいいか、何度も足を運んでいる。決め手はなんだったかなぁ。書き味はもちろんだけど文字の細さもずいぶん気にしたからね。あとはシステム手帳にほどよいサイズで書けるかどうかだったかな。
    たぶんこの組合せはこれからもず〜っと使い続けることになると思う。

    もう一本は MONTBLANC だ。大学時代に小説を書きはじめて、やはり憧れたのが「マイスターシュテュック」だ。はじめて手にしたのが 146 だった。そのころ原稿用紙は LIFE の A4 400 字詰めと決めていて、横書き用を縦にして 146 で縦書きで原稿を書いていた。
    その後 149 を入手。こっちの方が太めで、たぶん当時の作家の方たちはこれを使っていたと思う。原稿用紙にこの万年筆で文章を書いていく。まぁ、気分だけは作家ということだったかもね。

    じつは 146 の方はトラブルがあって、というか、ぼくの子どもがたぶん遊んでだと思うけどペン先を潰しちゃったので、いま使えるのは 149 の方だけだ。
    写真にもあるけど MONTBLANC のインク瓶からインクを注入して書くと、やはり背筋が伸びるところがある。吸入式の万年筆というのは味わいがあって大変よろしい。

    いま原稿のすべては MacBook Air で書いているけど、メモなんかはやはり万年筆だ。ほんとうはもっともっと万年筆でノートをとりたいと思うんだけどね。なかなかそのタイミングがないのも事実だよな。
    できたら大きなデスクの袖にはつねに万年筆と MOLESKINE を置いて、なにかあればノートを開けるようになるといいんだけどね。
    いまの環境だと、Mac の横にノート広げるってちょっと難しいのが残念なところ。
なんとかするかな。

コメントを残す