突然豆乳が飲みたくなって、気づいたら毎朝のソイミルクティーが習慣に


    これは先月いったん食欲がまったくいっていいほどなくなり、絶食状態になってから、それまで口にしていなかったものを食べることがあった。まぁ、固形物が食べられないのでアイスクリームやヨーグルトを食べたり、エネルギーゼリーを飲んだりといったことが続いたからかな。
    飲みものも基本は水がメインだったんだが、味のあるものが飲みたくなった。
    ということで、先月はお茶のペットボトルを飲むようになっていた。そういえばコンビニにいったときにウーロン茶を見かけなかったんだけど、いまは流行じゃないのかな。

    そんな流れの延長なのか今月に入ってなぜか突然だけど豆乳が飲みたくなった。なぜか ? まったく理由が判らない。想像もつかない。過去に何度か飲んだことはあったけど、好んで飲んだこともなかったよなぁ。
    なのになぜか飲みたくなったのだ。

    スーパーの棚にあったのが無調整豆乳と調製豆乳だった。パッケージを見てもその違いがよく判らなかったんだが、大豆固形分のパーセントが無調整の方が多かったので、こっちでいいかと買ってみた。調べてみたら、調整の方は糖分なんかを加えて味を調整しているようだ。

    帰宅して、まずひと口。予想とは違って不味かった。そういえば過去に飲んだのは調整豆乳だった。大豆の味なのかもしれないな。でもこれにはすぐに慣れた。
    ついでにだけど、紅茶にいれてみた。ソイミルクティーということだね。

    じつはぼくは毎朝、紅茶を飲んでいる。これはよくよく考えてみれば、逗子に戻る前からだからもうずいぶん前からの習慣だ。
    毎朝、まず紅茶を淹れてから Mac に向かって原稿書きをしている。この紅茶に豆乳をぶち込んでみたのだ。
    これがね、美味しいのよ。紅茶の味がまろやかになるということもあるんだろけど、豆乳の味もきちんと生きていて、いい感じなんだよな。

    ということで、毎朝このソイミルクティーを作ってから原稿を書くようになったのでありました。
    どうやら、この習慣はしばらく続きそうだ。豆乳だと、きっと身体にもいいだろうしね。

コメントを残す