年中緊急事態宣言ですか もしかして宣言がないと落ち着かないの ?

    先月の頭から体調を著しく崩してしまい、世間の動きはもちろんだけど、季節感もなにもかも喪失していていた感がある。
    そこまで気が回らなかったというのが正しいのかな。天気もあまりよろしくなくて、気がついたら夏はまるでかき消されたような感じで、すっかり秋の気配に満ちている。
    でも、相変わらずなんだが緊急事態宣言が出されたままになっているんだよね、確か。

    世間とは隔絶した日々を体調のせいで送っていたということもあるんだけど、まさかまだこれが続いているのは信じられない気持ちでもある。
    というか、もう延々、ず〜っとこの宣言が続いていて、もしかしたらまともな日々がほとんどなかったんじゃないの ? これが日本の現状ですか。やれやれ。

    もはや呆れるのを通り越してしまうんだが、いったいなぜこの宣言がいまだに発出されたままになっているのか、理解することがぼくにはできない。
    そんなぼくが異常なんでしょうかね。それとも緊急事態宣言が発出されていないと、逆に騒ぎ立てるマスコミや世間がおかしいのか。どう考えても頭を捻ってしまう。

    どうも世間はそんなこととは関係なく正常に戻ろうとしているような気もするんだよね。
    こんな生活を送っていて、せいぜい逗子の街の中しか歩けなくて、都心がどうなっているのかはさっぱり判らないんだが、もうこれがあたり前になっちゃってるのかもしれない。
    いや〜、神奈川県知事は、いまなにを考えているんだろう ? もう居ても居なくも同じじゃないのかと思ってしまう。

    どうやら自民党の総裁選挙で世間的には盛り上がりつつあるので、この結果と、その後の衆議院選挙で気がついたらこの宣言が有耶無耶になってしまうんじゃないかと思ってるんだけどね。
    個人的には体調がバッチリ戻ってアルコールが楽しめるようになった頃には、元に戻っているといいんだけどね。


コメントを残す