抗癌剤滴点してから一週間 なんだか食欲が落ちはじめているぞ

    ほぼ一ヶ月ぶりに抗癌剤を点滴したのが一週間前のこと。
    先月は抗癌剤を点滴してから体調を著しく崩してしまい、ほぼ絶食状態にまでなってしまい、なんとか固形物が食べられるようになるのに月末まで時間がかかってしまった。
    体調が復活気味での点滴だったので、このまま順調に回復するだろうという脳天気な考えと、もしかしたらまた体調が崩れるんじゃないかという不安が渦巻く中での一週間だった。
    で、どうなのかというと先月ほど酷くはないけど、でも脳天気でいられるほどよくはないといったところだろうか。やれやれ。

    これは前にも書いたけどいまの治療では点滴と経口薬の服用を併用していて、この経口薬は来週まで朝晩服むことになるんだが、直接的な副作用はほとんどない。副作用らしい副作用でいえば冷気に過敏になるということかな。そろそろそれも終わったようだけど、つい先日までは冷たい飲みものを飲むと、口の中はもちろんだが喉まで引き攣る感じはあったかなぁ。結構、厄介なのよ、これ。

    さて、この一週間の体調はどうかというと、先月ほど酷くはないというのが適切な表現かな。
    それでも体力がそこまで落ちているわけではないんだけど、歩くのはちょいと大変だ。買い物は問題なくいけるんだけど、海まで足を延ばすには、それなりに覚悟が必要になる。まぁ、このところ天気もさほどよくないので、出かけても買い物だけの日々になっちゃっている。

    ときおり腹部が痛むんだよねぇ。先月は慢性的に痛んで、そのおかげで身動きが困難な状態だったけど、いまは歩くのがちょっとキツいかなって程度だ。
    先月はさらに腹部の張りがキツくて、まったくといっていいほどなにも口にできなかったんだが、今回はその張りはほとんどない。でも、食欲は落ちてきている。なぜなんだろうねぇ、食事をするとお腹いっぱいになって、それがそのまま続く感じなんだよねぇ。
    せっかく食欲が元にもどりはじめていたところだったけど、日々、ちょっとずつ食欲が減退している。昨日あたりから昼前の食事がトースト一枚になってしまっている。そうなんだよ、これに目玉焼きとウインナーで夜までお腹いっぱいのままなんだよねぇ。

    ただこれは歓迎すべきことなんだが、頭はすっきりとしていて、きちんと動いている感じがする。
    先月はなんだか頭がぼんやりとしていて、まるで眼の前が霞んでいるような感じだったけど、それはない。ということで、原稿書きもきちんとできはじめている。これは朗報だ。

    まずは食欲回復だよねぇ。これがなによりもいまのぼくとっては大切なことなんだよね。
    アルコールは前月からまったく口にしていないけど、これはまだまだ先の話になりそうだ。ふむ。


コメントを残す