無観客のテーマパークって想像できますか ? 虚構新聞も呆れてるだろうなぁ


    すでにご存知だと思うが、昨日から四都府県で緊急事態宣言が発出されている。三度目ということらしいんだが、延長されたりして、またかよというのが正直なところだろう。今度はシン・緊急事態宣言かよと揶揄する人もいる。
    緊急事態宣言は「ステージ 4 ( 感染爆発 )」を目安に発出することになっている。これは法律で決まっていることだ。なんだけど、今回東京都は医療提供体制などは「ステージ 3」の段階なので、その点で疑問視されている面もある。

    緑のたぬきが大阪に対抗してただのパフォーマンスしたいだけじゃないのかなんて声も聞こえてきそうだ。大阪の吉村知事はテレビに出て情報発信しているために、府の広報予算はほとんど使っていないらしいんだが、緑のたぬきはテレビに出ることをせず、億単位の広報予算を使っている点も指摘されている。
    武漢ウイルスが認識されるようになってもう一年以上も経過しているのに、東京都は医療体制に対していったいどんな対策を施したのか、これについても疑問視されている。

    要するに緑のたぬきはほとんどなにもせず、広報活動に勤しみ、パフォーマンスを披露しているだけみたいなんだよね。まぁ、ぼくは神奈川県民なので、都民がこの人を選択したことに対してはなんにも言及できないんだけどね。
    でも、今回の宣言発出の要請をしているわけだが、しかし、その内容に関してはいろいろと突っ込みどころ満載で、なにを考えているのか、その無能ぶりがよく解ろうというものだ。

    これは大阪も同じなんだが、テーマパークや遊園地を無観客にすることを求めているらしい。いや〜、虚構新聞も真っ青な要求だねぇ。人がいないテーマパークや遊園地ってそもそも営業する意味があるのかってことすら考えが及ばないらしい。いやはやなんとも、である。
    しかも東京では灯火管制もされるんだそうだ。いや〜、夜のネオンがすべて消えたら、真っ暗な街になってしまうわけで、これって犯罪の温床にならないかといらぬ心配までしてしまう。真っ暗な東京の都市って想像しただけで、なんだかとてもヤバそうだ。戦時中じゃないんだけどなぁ。まったくねぇ。

    これはあちこちでいわれていることなんだが、果たしていままで発出されてきた緊急事態宣言は効果があったのかどうかについて、公に議論されていない。
    そもそもねぇ、分科会の人たちも科学的な知見に基づいて政府にアドバイスしているのかどうかすら怪しい。ぼくは個人的に尾身会長の発言を眉唾物だと思ってる。だって科学的な発言を聴いたことがないんだもの。仕方ないよね。

    まぁ、逗子市在住のぼくは緊急事態宣言もまん延防止等重点措置も関係ないんだけど、しかし、日本経済のことを考えるとね、どうなっているんだよと首を捻らざるを得ない。
    しかし、テーマパークや遊園地の無観客営業って、想像の遙か斜め上をいってるわ。

    ちなみに東京ディスニーランドの所在地は千葉県なので、この影響は受けない。なんだか皮肉な感じもするなぁ。

コメントを残す