組合せが変わって三度目の抗癌剤治療を受けてきたよ


    癌治療が抗癌剤の点滴と経口薬に変わって、サイクルも三週間になった。経口薬が二週間服用して、一週間休むというサイクルになったからだ。
ということで今週の火曜日に病院にいってきた。
    いつものように採血・採尿があり、その結果を受けて、いつも通り点滴をすることになった。

    じつはいままでぼくの主治医だった先生が転勤になり、今回から新しい先生が担当してくれることになった。できたらそのまま先生についていきたかったんだが、今回の転勤先が遠方ということで、やむなくぼくは新しい先生に診てもらうことにした。
    これは拙著「腸をなくした男」を読んでもらうと判るんだが、この主治医は女医さんだったんだがぼくのお腹を掻っ捌いた人で、とても信頼していたので、ちょっと残念なんだけどね。まぁ、出会いがあれば別れもあるということだね。

    新しい先生になったからといって、なにかが変わるわけではないけど、診察を受けるまでの手順がちょっとだけ変わったかな。採血・採尿したあと、そのまま消化器外科の受付をして診察だったんだが、今回からはケモ室で簡単な問診をしてから、受付ということになった。
    これは先生の性格によるんだろうねぇ。なんだかきちんと手続きをしたい先生のようだ。

    さて、抗癌剤の点滴をしたあと気になるのがやはり副作用だ。まぁ、いつものことなのでそこまで気になるようなことはなかったが、やはり自宅に戻るころには頭が痛くなってきた。前回はしばらくず〜んと突き抜けるような腹痛に襲われることがあったんだが、今回はいまのところそういうことはない。これはちょっといいことかな。
    ただ頭痛はいまだに続いている。これはちょっとよろしくない感じなんだよね。昨日はほぼ一日ちょっとぐったりとしていた。それでもいつものように朝起きて、朝食後に原稿書きができた。これはいい驚きだ。それでもそこでぐったりとしてしまい、夕方なんとか買い物に出かけることはできた。

    まだ経口薬の服用がはじまったばかりなので、もしかしたらこれから腹痛がはじまるかもしれない。
    でも、これは前回ちゃんと乗り越えられたのでそこまでは心配していない。
    いま、気になっているのは脱毛だ。

    頭は面倒なので綺麗さっぱり剃り上げてしまったので、髪の毛を気にすることはなくなったけど、それでも脱毛が続いている。
    眉毛が薄くなりつつあるし、なんとなく伸ばしっぱなしになっていた顎髭も抜けはじめている。これがちょっと厄介なんだよね。短い毛があちこちに散らばってしまう。このあと綺麗さっぱり剃ってしまうつもりだが、もしかして体毛も抜けていくのかもしれない。
    これは前回、もう三年近く前になるんだが、脱毛しはじめたときには経験していないことだ。

    そういう意味では、恐るべし抗癌剤というところか。それだけ効いているということであればそれでいいんだけどね。
    そうそう、次回受診のときには腫瘍マーカーの数値が確認できるので、そのときに解るかな。


コメントを残す