ねぇ、グレタさん カーボンフリーって、それは世界的な罰ゲームなのかな

    これは素朴な疑問なんだが、いつから地球温暖化ではなくて、気候変動といういい方になったんだろう ?
    ついこの前のことだよね。アメリカのテキサスで大寒波のために大きな被害が出たのは。大規模な停電が発生したんだが、風力発電が寒波のために稼働停止したことが原因とされている。
    天然ガスのパイプラインが凍結したことも原因のひとつらしいけど、まぁ、皮肉なことだよね。

    そもそも温暖化しているはずなのになぜに寒波が襲いかかったのかというのが疑問なんだが、人によっては温暖化による偏西風の乱れが原因だと宣っている方がいるようだが、さてそれはほんとうなんだろうか ? 個人的にはとても疑問だ。
    ヒューストンの近くにあるガルヴェストン湾は 200 年前は冬季に凍結していたそうだ。つまり、温暖化がこの寒波を招いてのではなく、ごくごくあたり前の天候だという言説もあるわけだ。

    そもそも地球の温度をもっとマクロな視点で見たらどうなるのかという議論がされていない気がする。
    地球の年齢は 46 億年ほどだ。その間にいろいろな気候変動があったはずで、ここ百年とか、ここ二百年といったスケールで考えていいものかどうか、ぼくはとても疑問なんだよね。

    なんだかカーボンフリーっ世界的な罰ゲームになってない ? いや、ババ抜きか。
    二酸化炭素を悪者にするきちんとしたエビデンスがもしあるのであれば、だれか教えてほしい。いまだに温暖化しているかどうかははっはきりしないし、だからだよね、気候変動なんていいはじめたのも。

    この流れで EV 推進の話が取り沙汰されているけど、これはどうかな。日本が誇る内燃機関の技術って世界的に見ても凄いんだよね。しかもガソリン車全面廃止ということになると、日本の基幹産業のひとつが消えることになる。
    EV にはこういった積み重ねてきた技術が必要ない。バッテリーとモーターがあれば自動車は作れてしまう。だから Apple も車は作れちゃうんだよ。それはそれで個人的に興味はあるけどね。

    でも個人的に思うんだが、自動車、もちろん内燃機関で動く車って人類が誇る芸術品といっていいよね。だから EV もいいけど、ガソリン車を廃止するってのはどうかと思う。だいたい EV って電気を充電しなきゃいけないわけだよね。そのためには発電する施設が必要だ。
    テキサスでのことを考えると自然エネルギーを利用した発電って、どうしても限界があるよね。ということは、電気自動車を走らせるためには、化石燃料か核を利用した発電で産み出された電気を利用することになっちゃう。これってどこか矛盾してるよね。どうもそのところを誤魔化されている気がする。
    EV は環境に優しいかもしれないけど、それを走らせるための電気を別で作って、それを利用して充電する必要があるわけだ。よくよく考えると、電気を作って充電するまでに送電ロスなんかがあって、じつは必要以上に電気を作らなきゃいけないってことにもなる。
    だからこうやってひとつずつ考えていくと矛盾だらけになっちゃうんだよね。

    ということで声高にカーボンフリーなんていわれると、ぼくはどうしても首を捻らざるを得ないわけだ。
    それって、ほんとうに必要なの、ってね。


コメントを残す