城郭考古学の冒険 そもそも日本の城ってなんなのだろう 読書メモ


    今年の 1 冊目。千田 嘉博 著「城郭考古学の冒険」読了。

    さすがにこれは酷いなぁ、今年の一冊目か。いや、確かに読みたいと思える本との出会いがなかったといえばそれまでだが、もうちょっと読書してもいいんじゃないかと思わざるを得ない。ちょっと心を入れ替えて読書するってことをきちんと考えよう。

    それはさておき城だ、城。いまぼくの頭の中には戦国時代をきちんと把握したいという思いがあって、まずは武士政権のはじまりということで鎌倉時代のことをあれこれ調べたりしているんだが、城についてきちんと考えたいと、この本を手に取った。
    具体的にいっちゃえば織田信長にとって城はなんだったのかということを知りたかったんだが、ちょっと趣を異にしていた。

    よくよく考えてみると城の跡は史跡なわけで、これは文献資料ですべて把握できるわけではない。あたり前だよね。実際にどこにどんな城が築くられていたのかは現地調査が必要になるわけだ。
    著者の千田氏は若い頃から城に魅了され、長じて城を調べる学問を志したという。
    ところが日本の歴史学といっちゃえばいいのかな、城と考古学を結びつけて考えるということがなかったんだそうだ。文献第一主義といえばいいんだろうか、そういういい方をすると日本の歴史学ってかなりいびつだよね。

    という著者が日本だけでなく海外の城を実際に調べたそのほんのさわりを一冊にまとめた本といえばいいのかな。
    城から戦国武将を考える項目が中心になっているんだが、城から歴史を見るということを語っている。もちろん武将としては織田信長はもちろんだが、豊臣秀吉や徳川家康、明智光秀、松永久秀の各武将を挙げて、それぞれの城作りの特徴を解説してくれている。

    そもそも城ってなんなのかというと、軍事施設なわけだ。
    なのにぼくとしては石垣があって、門があって、天守があってというのが城だった。けれど、これははじめにきちんと解説しているんだが、軍事施設ということで考えると古代から城はあったわけだ。たとえば吉野ヶ里遺跡の環濠集落。これはずばり城のひとつの形だ。平安の頃に主に東北地方に造られた柵も城だ。
    軍事拠点なんだよね、城って。

    武士の時代になってもそうだ。この頃の城は主に山城だ。それとはべつに館があってそこでは政治的な差配をして、戦をするときは城に籠もる。こういった役割分担があった。
    これを変えたのが織田信長だった。
    いわゆるぼくたちが城というイメージを抱く城は信長が築いた小牧山城がはじめらしい。その最終形が安土山城ということになる。

    それぞれの城が意味すること。また、各武将がなにを意識して城を築いたのか。そんなことを伺い知るヒントになる一冊といえるかな。
    城ってなんだろうということに興味があるのであれば、ぜひその一度手に取ってもらいたい。


コメントを残す