1192 作ろうが鎌倉政権のはじまりなのか ちょっと考えてみよう


    なんだか間が開いちゃったけど、ぼくなりに「武士」とか、その背景についてつらつら考えるってことは、相変わらず続けている。
    武士の成立からはじめて、前回は「平家」と「源氏」についてちょっと書いたんだけど、今回は武士の政権ってのはどんな政治をしたのかをちょっと考えてみたい。というか、いろいろと見聞きしたことをまとめるって感じですかね。

    ということで、ではそれまでの政治ってどういうものだったのかをあれこれ調べてみたんだがどうもきちんとイメージできない。
    いや教科書に書いてあるようなことは、それはそれでいいんだよ。律令制だとか、荘園についてとかは解るけど、ではいわゆる民衆に対してはどうだったのかという点になるとさっぱりだったりするわけだ。
    基本が貴族政権ということで、自分たちに都合のいい政治運営をしていたんだろうなぁということは想像できる。簡単にいうと「民」は徴税の対象でそれ以上でもなければそれ以下でもないって感じなんだろうか。
    言霊思想が背景にあるので天変地異があればそれが治めることを祈願する和歌を詠うのが政治だったなんていわれることもあって、それはそれでいいけど、実際はどうだったのかをもうちょっと知りたいというがほんとうのところだ。
    まぁ、映画の「羅生門」が平安時代の都の入り口の様子を描いているなんてこともよくいわれているんだけどね。

    その政権が武家政権へと移行したわけだが、きっかけは簡単にいうと「武士」の扱いがぞんざいで、その権利をきちんと認めなかったということにあるんだろう。
    平家は、前にも書いたけど平氏とは区別する必要があるんだけど、公家社会の中に浸食していき、その地位を獲得することで、自ら望む政権を樹立したわけだけど、武士全体の利益を護ることは考えていなかった。だから打倒されちゃったんだよね。

    それで鎌倉幕府が登場するわけだ。
    さて、この鎌倉幕府だけど、まぁこれはよくいわれることで「幕府」といういい方は正しくはない。あとでつけられた呼称だしね。正確には鎌倉政権ということになるんだろうなぁ。鎌倉を拠点にする政権が樹立されたということだからね。
    これがいつはじまったのかについては諸説がある。というか、いろいろな学説、考え方がある。一般的には源頼朝が征夷大将軍に任命された年とされている。1192 年だね。これはきっとみんな「いいくに」で覚えていると思う。

    ではこのほかにどんな考え方があるのかというと、本郷先生の「なぜ武士は生まれたのか」では、六つの説を紹介している。
・頼朝が東国支配権を樹立した治承四年 ( 1180 年 ) 説
・頼朝の東国支配権を承認する宣旨が下された寿永二年 ( 1183 年 ) 説
・公文所及び問注所を開設した元暦元年 ( 1184 年 ) 説
・守護・地頭の任命を許可する勅許が下された文治元年 ( 1185 年 ) 説
・頼朝が日本国総守護地頭に任命された建久元年 ( 1190 年 ) 説
・頼朝が征夷大将軍に任命された建久三年 ( 1192 年 ) 説

    鎌倉政権がその支配力をどこで確定したのかということでいろいろな考えがあるわけだ。ぼくたちは簡単に「征夷大将軍」ってポジションが武士の最上位のポジションのように思ってるけど、って、それはぼくだけなのかもしれないけど、これは便宜上のポジションでしかない。
    朝廷ということで考えれば太政大臣が最高位だ。

    だから征夷大将軍というのは頼朝が朝廷内での地位を確立するための方便だったといってもいいかもしれない。それまで朝廷は「武士」が政権を担うことを想像もしていなかったはずだしね。平清盛はそれまでの貴族としての官位を駆け上がったわけで、きっと公家を含めて朝廷は「武士」に対するアレルギーは相当なものだったんだろうと想像できる。
    ということで事実上、鎌倉武家政権がいつ成立したのかといえば 1180 年になるんだろうし、公式に認められたということになると 1190 年だろうか。まぁ、ぼくは学者じゃないので、そこまで拘りはない。

    でも、じっさいに鎌倉を拠点に武家が独自の政治をはじめたのは 1180 年で、頼朝が征夷大将軍に任命されるまでに、なんと 12 年も開きがあるというのはちょっと驚いてしまうことは確かだ。
    いわゆる源平合戦、治承・寿永の乱がはじまったとされるのが 1180 年 5 月の以仁王の挙兵からで、1185 年 3 月の壇ノ浦の合戦までの間に、平家と戦いながら鎌倉政権が着々とその支配力を増していったということになる。

    では、その鎌倉武家政権はどんな政治をしたのかというと、それはまた次回ね。なんだか書いているうちにどんどん長くなっていっちゃうだよな。ふむ。

One Reply to “1192 作ろうが鎌倉政権のはじまりなのか ちょっと考えてみよう”

  1. […] nbsp;さてと「武士」についてつらつら考えているわけだけど、前回は鎌倉政権はいつできたのかで話が終わっちゃったので、武家政権の政治はどんなものなのかということについて、続 […]

コメントを残す