そこにエビデンスはあるんですか ? なんだかヒステリックじゃない ?


    これはいつも書いていることなんだが、ぼくは癌サバイバーとして基本的に二週間に一回、抗癌剤の点滴を受けている。
    このところ血液検査の結果で白血球や好中球といった免疫系の数値がよろしくないとこの点滴は一週間延長になることがある。この免疫系の機能が低下するのは抗癌剤の影響だ。だから低下した状態でさらに抗癌剤を点滴をするとさらに低下してしまうわけだ。
    あたり前だけどこの免疫系の機能が低下すると病気に罹りやすくなる。とくにこの時期だから武漢ウイルスは要注意だ。

    でも血液検査がきちんと確認できているので、抗癌剤を延期することはぼく自身もぼくの主治医も納得できている。あたり前だよね、数値で確認できているわけだから。
    でも、これはよく思うんだけど、今回の武漢ウイルスに関してなんだけど、緊急事態宣言の発出もそうだけど、飲食店の営業を短縮しろとか、Go To は止めろとか三密を避けろといろいろといわれたけど、ぼくはその前提としてちゃんとしたエビデンスを示された覚えがない。
    これって不思議なことじゃない ? なんの根拠もなく、なぜにこういう事態になるのか、申し訳ないがぼくはまったく理解できない。
    ぼくの血液検査の結果とはまったく違う。そこにエビデンスってあるの ? って話だ。

    そもそも感染者数って発表されている数字自体が怪しい。これって陽性判定者だよね。感染者じゃないはずだ。なのにこの数字だけがどうも踊っている気がする。
    しかもマスクだ。これっていったいなんの予防になっているのか、だれか科学的にきちんとぼくに教えてほしい。
    だってマスクの目って、ウイルスよりも遙かに大きいんだよ。だからウイルスはマスクをそのまますり抜けてしまう。なのにマスクなんですか ?
    飛沫を防ぐという話がある。なるほどそれはいい。ではウイルスが付着した飛沫がマスクの外側についたらどうなるのか ? これって、家に帰って、たとえばそこに置いておいたら、飛沫の水分が蒸発するんだけど、その際にウイルスはどうなるの ? そこらに浮遊する可能性もあるし、このマスクをまたつけたら、今度はウイルスはたとえば手とかに必ずくっつくよね。
    それでもマスクって効果はあるなら、それをきちんと教えてほしいんだよね。
    いや、これはマジで。

    なぜなんだろう、今回の武漢ウイルスについてはこの手のエビデンスをまったく無視しているような気がするんだよね。
    しかもここになぜかヒステリー症候群じゃないけど、ヒステリックな言説がまかり通っているような気がしてならないんだよね。

    このヒステリー的な反応だけど、ポリコレの風潮も重なって、なんだか自由な言動を阻んでいる気がしてならない。
    ごくあたり前の意見がこの傾向で押しつぶされちゃってる気がするんだよね。
これって非常に危ないよね。

    アメリカではとくにこの傾向が強くて、それがこれからのアメリカの社会的な動きを左右してしまうような気がしてならない。かなり危ない気がしているんだよな。
    どうもアメリカの常識的な人たちから見ると、まだ日本では自由な言動が守られているらしい。
    でもなぁ、このところの切り取り報道でのヒステリックな動きとか、なんだか生きにくい社会になりましたね、なんてことにならないといいんだけどね。

    まずはエビデンス。それでちゃんと議論しましょう。それが大切だと思う今日この頃。ふむ。

コメントを残す