今回は薬をちょっと調整したけど、抗癌剤を点滴してきたよ


    これは何度も書いていることだけど、いまの抗癌剤の組合せになって、基本的には二週間に一度点滴をすることになっている。
ということで昨日、病院にいってきた。
    このところ点滴を受けて二週間後の血液検査の結果だと白血球や好中球といった免疫系の数値がよろしくなくて一週間延期になっていた。今回もやっぱり延期することになるのかなと思っていたんだが、数値的にはギリギリセーフだった。

    ただしギリギリセーフなので、抗癌剤の薬のうちイリノテカン、薬の名前だとカンプトなんだけど、この点滴を今回は見送ることになった。
    担当の先生に訊いてみたら、この薬がやはり強烈なんだそうだ。確かに、副作用がちょっとキツいとはいえるんだよねぇ。
    血液検査の結果だけど、腫瘍マーカーの数値は下がっていて、状態は良好なんだけどイリノテカンの効果だったらどうなるのかな。まぁ、それは次回の検査待ちだね。
    そうそう現状を確認するために来週 CT 検査を受けることになった。なんでも武漢ウイルスの影響で、CT 検査は天手古舞いの状態らしい。それでも予約してもらえた。

    いつもだと点滴直後から頭痛が酷くなり、頭がぼ〜っとして、倦怠感に襲われるんだが、今回はそんなことはなかった。やはりイリノテカンをパスしたおかげなんだろう。いつもは帰るとそのままぐったりといった感じでさらに二三日はほとんどなにもやる気が起きなかったんだが、そこまで強烈な副作用はなさそうだ。

    いつもその日の夕食は食べる気がせず、それでも半ば無理矢理なんだけど野菜たっぷりのちゃんぽんを作って、青息吐息で食べていたのだ。それが今回は同じように野菜たっぷりのちゃんぽんだけでは足りずに炒飯もペロリと食べてしまった。
    以前だとこれにさらに副食をもう一品という感じで食べていたんだけど、すこし戻りつつあるということなのかな。

    そういえばケモ室にいくと必ず体重の測定があるんだが、これもかなり戻りつつあるんだよね。
    この病気がきっかけで体重が 10kg 近く落ちこともあって、体重って体力の基本なんだということを身に沁みて教えられたんだが、これが戻りつつあるということは、ぼく的にはとてもいいことなんだよね。
    さらに食べる量が戻りつつあるのは嬉しいことだ。体力がなによりも基本で、これが気力を支えてくれるんだよねぇ。

    これは前にも書いたけど、こころのアンテナが外向きになって、さらに行動も気分的にアクティブになりたいと思ってきている。

    今年はきっといろいろと活動する年になりそうだ。
    それはそれで楽しみだね。

One Reply to “今回は薬をちょっと調整したけど、抗癌剤を点滴してきたよ”

  1. […] 二週間後だと白血球や好中球といった免疫系の数値がよろしくなくて、さらに一週間延びることがほとんどだったけど、ともかく前回の点滴から二週間後ということで病院にいってきた。 […]

コメントを残す