抗癌剤の投与だけど、また延期になっちゃった


    前回の抗癌剤の点滴から二週間目ということで病院にいってきた。
    いつものようにまず採血・採尿があって、その検査結果で抗癌剤を投与するかどうかを判断されることになる。
    今回はなぜか採血がきちんとできず、両腕に針を刺されてしまった。ふだんは右腕で採血してもらうんだが、もう数え切れないほど同じ場所から採血しているので、痣みたいになっちゃってるんだよねぇ。そのこともあってか血管を見つけにくくなっているみたいで、いったん右腕に採血用の針を刺されたんだけど、上手く採血できなかったみたいで、左腕での採血になったわけだ。
    もしかしたら採血されたくなくて血管がどこかに隠れちゃったのかしら。なんてね。

    それはいいとして、血液検査の結果だけど、やはりというか白血球を含めて免疫系の数値がよろしくないということで、今回はパスということになった。また来週ということだ。
    いぜん使っていた薬で、そのときにはここまで数値が落ちることはなかったんだが、いまのぼくの身体には強烈な薬ということなんだろうか。ちょっと身体が弱っているということもあるらしい。
    いや、そういう自覚はまったくなくて、生活自体はまったく変わっていないつもりなんだけどなぁ。

    ということで、また来週病院ということになった。
    あ、また採血だ。次回はちゃんと採血できるかどうかも興味深いところだねぇ。なんてことを考えてる場合じゃないか。
    次回はきっと血液の状態も戻っていると思う。いや、前もやはり二週間後ではだめで、さらに一週間お休みしたら点滴できたからね。たぶん同じパターンになるような気がしている。
    薬の量もまた前回同様調整することになるんだろう。

    だからといってなにか特別なことをするわけではないんだよね。まぁ、いつものように過ごして、また来週病院にいくことになったわけだ。点滴受けることを前提に今週の予定を考えていたので、ちょっと調整しますかね。なんて、予定なんてまったくといっていいほどないから、どうってことないんだけどね。

    なんだか病院通いがごくあたり前のことになってしまったなぁ。いや、それは手術してからずっと同じか。

One Reply to “抗癌剤の投与だけど、また延期になっちゃった”

  1. […] の結果で投与できるかどうかが決まるんだが、前にも書いたけど、やはり免疫系の数値がよろしくないということで一週間延期になっていた。     一週間延期になって正常値 […]

コメントを残す