その名は「スチバーガ」 いや、抗癌剤の話なんだけどね

    二週間おきに通院している。ということで木曜日に病院にいってきた。
    体調はこのところ安定しているんだが、どうも抗癌剤の効き目といえばいいのか、腫瘍マーカーがちょっとよろしくない状態になってきていて、薬を切り替えるかどうかの判断をすることになっていたわけだ。
    前回、通院した際に造影剤を使った CT 検査しておいたんだが、その結果の画像でもすこしではあるが癌のサイズが増量気味になっていた。あくまでも若干なんだけどね。でもまぁ、嬉しい結果ではないことは確かだ。

    ということで予定通りといえばいいのかな、前回受信の際にその話はあったんだけど、服用タイプの薬に切り替えることになった。その名も「スチバーガ」。
    いま点滴しているベクティビックスは肌荒れなどの副作用があったんだが、この薬も同じような副作用が考えられるそうだ。もらった資料には手足症候群という名前で説明が書かれている。いまは手の指先のひび割れが酷くて、せっせと保湿液を塗っているところだ。どうなるのかちょっと気になるところではある。
    以前は口内炎が酷くて辟易していたんだが、このところこれは落ち着いている。ということで食欲も回復していて、体重も若干ではあるけど増量気味でおかげでお腹がぽよぽよしはじめている。
    これはうれしくないことなんだけどね。

    さて「スチバーガ」だが、これは三週間服用して一週間お休みするというサイクルになるんだそうだ。
    朝食後に服用するように指示されたんだが、薬を服むときにちょっとだけ注意がある。服用直前の食事は低脂肪食にする必要があるということだ。つまり朝食は脂肪控えめということだね。数値的にいうと脂肪含有率 30% 以下にしなさいということになっている。

    ということでたとえば焼き魚を食べるのであれば鯖や鰯、秋刀魚は要注意ということになる。あたり前だけどフライものや揚げ物は NG だね。たまご料理だと、ゆで玉子 < 目玉焼き < ハムエッグ < スクランブルエッグ < オムレツの順に油の量が増えるらしいのでこれを参考にメニューを組み立てる必要がある。
    まぁ、ぼくはいま朝食は和食がベースで、納豆に目玉焼きとウインナーというメニューが定番になっているので、さほど心配はないかな。ウインナーはどうかちょっと気になるところで肉類を食べるのであればササミやももハムがお薦めらしい。
    これは実際になにか影響がでるかどうかで判断しようかと思っている。

    トーストにバターたっぷりってのは、もうここ何年も食していないんだが、しかしパン食になるとちょっとそのあたりを気にする必要はあるかもね。ということでトーストが食べたくなったら、服用をお休みしている間に食べることにしよう。
    ちなみに注意するのは服用直前の食事だけなので、昼食や夕食はまったく自由だ。さすがに服用中は注意なんてことになったら、かなり淋しいことになるところだったので、まぁ、いいかな。

    あと、このところちょっとトイレが近くなっていたのでそのことを相談したら、腹水がまた溜まりはじめているかもしれないということで、念のためにエコー検査をしたけど、そういう意味ではまったく心配はなかった。
    あらためてちょっとお腹がぽよぽよしはじめたのは、だから純粋に脂肪分だな。マジで筋トレ考えなきゃいけないかもしれないなぁ。

    まぁ、服用をはじめたばかりなので、来週、念のために検診することになった。
    そのときにはこの薬の服用がどうかはっきりすると思う。以前、経口薬の抗癌剤が身体に合わなくて、結局入院しちゃったので、ちょっとドキドキなんだけどね。


コメントを残す