ジャイアンツを応援するように、自分を応援するのもありかな

YouTube を見るようになって変わったことのひとつに、スポーツ系のコンテンツをよく見るようになったということがある。
これは前にも書いたんだけど、ぼくはどうやら DNA のレベルでジャイアンツファンであることを義務づけられているようで、これについてはもうどうしようもなく、いまでもジャイアンツを応援している。
今年はスケジュールが武漢ウイルスのせいで特別なものになったということもあるが、しかしぶっちぎりの首位で、昨日も勝ったからなんとマジックが 14 になっている。
勝った試合はせっせと試合に関するコンテンツを見ることになる。もちろん負けたら見ない。だってね、気分を害するからね。

ついでにいうと先月から NFL のレギュラーシーズンがはじまっていて、ぼくが応援しているグリーンベイ・パッカーズは開幕から勝ち続けて四連勝している。いや〜、勝つってのは素晴らしい。
しかも、NFL のゲームはその日のうちにハイライトの映像が YouTube で見られ、なおかつフルゲームも何日か経つと見ることができる。まことに喜ばしいことである。
ということで、昨日はその四連勝したアトランタ・ファルコンズ戦を見た。勝った試合を見るのはやっぱり気分がいい。

で、いい気分で酔っぱらっていたわけだが、そこではたと気がついた。
好きなチームを応援するのはいいけど、同じようなノリで自分を応援してもいいんじゃないかと。
そうなんだよ、どうもぼくはそもそも自虐的なところがあって、いま、それを是正しているところなんだが、どうもいまいちすっきりとその自虐的な部分を手放せたとは思えないところがある。
だったらもう一歩、それを後押しする意味もあって、自分で自分を応援するというのはどうだろうと思ったわけだ。

まぁ「頑張れ」って声をかけるのはちょっと違うとは思うんだが、「いいね、いいね」と自分を後押しするのはぜんぜんOK だよね。
ということで、これからはなにかあると、まず手放しで自分を応援する意味で褒めようと思う。
さて、それでどうなるのか。これはちょっと見物だと思っている。


コメントを残す