ただいま出版準備中 Kindle ダイレクト・パブリッシングで販売するよ


    じつはこれはメールマガジンでお知らせしたんだが、いままでぼくの会社の Web サイトで販売していた ePub 版を Amazon で販売することにした。
    正確にいうと、Kindle ダイレクト・パブリッシングで販売ということになる。

    なぜいままで逡巡していたのかというと、まぁ、有り体に申せば、電子書籍の販売の方向性を決めかねていたということになるかな。
    まぁ、いろいろと考えた末に、といっても大した頭があるわけじゃないけどね、とりあえず基本的な戦略みたいなものを組み立てた上で、販売に踏み切ることにした。

    これは前にも書いたけど、ePub 版の制作は Pages でやっていたので、KDP のサイトでアカウントを登録をすればそれですぐにできるだろうと思っていたら、まったくそうではなかった。
    アカウントの登録は画面に従って入力すればいいし、その解説をしているサイトがいろいろあるので、それを参考にしてもらえばいいかな。

    今回、なんとか出版準備の状態になったんだけど、なにを手子摺ったのかというと、じつは ePub のデータだった。
    Pages で制作したデータは、Mac の Books アプリだとちゃんと読むことができたんだけど、これがなんと KDP のサイトでデータアップしたら、とんでもないことになってしまったのだ。
    今回、販売する本は「ものがたり屋 参 聲・隂・凮」なんだが、小説なのであたりまえだが縦書きが基本だ。それがなんとデータをアップして、確認してみたら、横書きになってしまっていたのであった。これは焦ったねぇ。
    そもそもなぜに NOTE で無料公開している小説をわざわざ ePub 版で販売したのかというと、縦書きで読んでもらいたかったからだ。このまま横書きで販売してしまったら、そもそもの目的から外れてしまう。

    Pages でのエクスポートをいろいろと試してみたけど、なにをやっても横書きのまま。
    いったんは販売を止めちゃおうかと思ったんだが、別のツールを使って ePub にしてみたらどうだろうと思って、原稿を書くときに使っているアプリ「Hagoromo」でエクスポートしたデータをアップしてみたところ、これがちゃんと縦書きのままで表示されたんだよねぇ。

    データ作成を改めてこの「Hagoromo」でやり直して、念のためということで、これは KDP のサイトでダウンロードできる Kindle Previewer というツールを使って ePub のデータ形式を mobi に変えて、データをアップしたのでありました。
    ということで、販売価格を決めて、いま「出版準備中」の段階なのでありました。

    近日中に、というか長くても 72 時間以内には販売ということになるはずだ。
購入してくれて、それからレビューをしてくれると嬉しい。いやもう、飛び上がるほど喜んでしまう。
    ちなみになんだが、Kindle Unlimited だと無料で読めるはずなので、ぜひお願いしますね。
    追記 : 現在、販売中です。よろしくね。




One Reply to “ただいま出版準備中 Kindle ダイレクト・パブリッシングで販売するよ”

  1. […]     これは前にも書いたけど、Kindle 版の販売をはじめた。     まず第一弾として「ものがたり屋 参」シリーズの第一話から第三話までをまとめた「聲・隂 […]

コメントを残す