戦略と戦術だから、果報は寝て待てってことなのかな

    かなり前に「戦略と戦術」について書いたことがあったけど、じつはあれからない頭を捻っていろいろと考えている。
    まぁ、主に仕事ベースでということになるんだけど、戦略的にいろいろと考えたらどうなるのか、どう動くのかということを、つらつら考えて、ちょっとリストアップしてみた。
    戦略をベースにして、戦術を組み立てていくと、おもしろいものでやりたいことや、やるべきことをきちんと順序立てることができる。

    ということで、あまり表立ってはいないけど、水面下でいろいろと準備してきた。
    そろそろ大きな動きをと、じつは先月の末あたりから考えているんだが、じつはトリガーになるべきことが動かずにいる。どうもこれはぼくひとりの考えて動き出すことではなく、環境が整わないとなんともならないことなので、足踏み状態になっている。

    いままではこういう状況になると、ちょっと無理矢理動かして、なんとかしてしまおうとしていた。
    ところが無理矢理動かすとじつは上手くいかないことが多い。あたりまえだよね、力任せでなにかを動かすとどうしても齟齬が生じる。この齟齬がじつは決定的なことに影響を及ぼすことが多いのだ。

    ただ「戦略と戦術」ということで組み立てた動きを実際に実行していくことになると、こういう場合はじっとトリガーが自動的に動いてくれるのまで、待つことも必要になる。
    こういうときの心境は「果報は寝て待て」ということになるんだろう。

    どこまで待てばいいのかよく判らないんだけど、しかし、ひょんなことからものごとって簡単に動き出すことがあるんだよねぇ。
    なんだか思わせぶりな書き方で申し訳ないけど、具体的にあれこれ書くとあちこちに支障を来す可能性があるので、きちんと動き出すまで待っててね。

    ただちょっとおもしろい動きが今週末にはできそうで、どうやらこれがトリガーになるかと思っているんだけど、さてどうなるかな。
    果報は寝て待てはいいけど、熟睡しちゃうとヤバイよなぁ。なんてね。

コメントを残す