iPhone / iPad 用アプリ「ふらっと逗子」 こんな写真を公開しているよ


    カメラマンでございますと胸を張って公言しているわけではない。
    そんなぼくだけど撮った写真を公開する場所がある。前にも紹介したけど、友だちが作ってくれた iPhone / iPad 用アプリ「ふらっと逗子」だ。
    ぼくが撮った写真をいろいろなところで公開はしているんだけど、たとえば「Zushi Beach Books」の Photo Gallery ページや、insta なんかがメインなんだが、評価してくれる人は、まぁほとんどといっていいがいない。そんな中でぼくの写真をきちんと受けとめてくれているその証拠に、こういうアプリを作ってくれたわけだ。
    そう思ってくれるだけでも嬉しいんだが、それをこういう形で実現してくれたのは感謝の極みだ。

    ここではぼくはその日に撮った逗子の風景を観ることができるようになっている。といってもほとんどが海の写真かな。なんとなくぶらぶらと逗子の街を歩きながら、眼に留まったシーンを iPhone で撮って、それをそのままアップしている。画像処理はなし。ウォーターマークを入れるだけで公開している。
    ただちょっとだけ違うのはキャプション付きで公開している点だ。

    最初はどっちかというと写真を撮っているときのシチュエーションを説明していんだが、徐々にキャッチコピー的なテイストになっている。まぁ、コピーライターとして仕事をしてきたわけだから、それはそれでプロとして書いている。ただ広告のキャッチコピーではないので、そこまで徹底して言葉を磨かず、説明的な単語も入れままにしているけどね。

    だからなんだろうけど、写真を撮るときにいっしょにこのキャプションを考えながら撮っている。
    たとえばこの写真だけど、このカップルを見たときに「放課後」という言葉がキーワードとして頭に浮かび、それじゃということでこの写真を撮った。なんてことのないシーンだけどね。まぁ、若いカップルなので微笑ましいといえばそれまでだけど、もしかしたらぼく自身がこんな高校時代を送ってみたかったなんて願望がどこにちょっとあったのかな。
    だからこの写真のキャブションは「放課後、海で待ち合わせだよ」にしてみた。こんなセリフ彼女にいってもらいたかったなぁ。

    いかん、昔のこと思い出しちゃったじゃないか。倉知たか子さんは元気かな ? いまでも昔のことを想うとキミとのことを考えちゃう。
    もしタイムマシンがあったら、あの頃に戻ってみたい。
    なんてぼくの想いもちょっとだけこの写真に込められてるかもしれない。

    ということで、ちょっとでもぼくの撮っている写真に興味があれば、ぜひ「ふらっと逗子」を DL して、ほぼ毎日アップしている写真を観てもらいたい。できたら感想ももらえるととても嬉しいんだけどね。
    あれこれ公開しても、スルーされるのって、仕方ないとは思うけど、やっぱり寂しいから。

    ということで、たまには自分で自分を宣伝してもいいかと。
    DL よろしくね。

「Zushi Beach Books」Photo Gallery ページ

コメントを残す