ジャパニーズ・ミラクル もしかして日本って凄いよね


    緊急事態宣言の 39 県での解除が発表されたのが木曜日のこと。
    ぼくが住んでいる逗子はまだ解除はされなかったけど、来週、改めて検討されるらしい。個人的には、もう日本は解除していいんじゃないかと思っている。なにしろ諸外国と比べて、あまりにも数値が低いからだ。患者数はもちろんだが死亡者数も桁違いに低い。
    解除の目安として数値がこの際に公開されたけど、ドイツと比べると百倍の厳しさだ。まぁ、確かに解除した途端に感染が拡大することもあるから慎重になるのも理解できなくはないけど、その判断はどうなんだろうと首を捻らざるを得ない。

    そういえば昨日、レナウンの倒産のニュースが流れたけど、上場会社がこの武漢ウイルスの影響で倒産するということは、やはり経済への打撃の大きさを窺わせる。もしかするとこれから倒産のニュースが続くのかもしれない。

    それはさておき、やはり日本では武漢ウイルスの被害が大きくないのは凄いことだと思う。
    中国からの人の出入りら制限したのもかなり遅かったし、なによりも政府の対応がお世辞にも素晴らしかったとはいえないからだ。なのに、この数字だ。
    どうやら世界中から「ジャパニーズ・ミラクル」と称されているらしい。
    いままでのぼくならそんな評価を素直に受け取ることができなかったけど、ってどこまでひねくれてたんだがさすがに呆れるんだが、いまは違う。ちょっと誇らしい気分でさえある。

    世界的な感染症の専門家が陣頭指揮を執っているということ、それから日本人の高い衛生意識、さらには自粛に対する民度の高さなどが上げられるんだろうが、なんだか決定的な理由という気がしないのは、ぼくだけだろうか。
    いや〜、こんなことはいいたくないんだけど、日本だからということでいいんじゃないかと思いはじめている。決して右向きになっちゃったというわけではないんだけどねぇ。

    ただこれだけはいえると思う。いままでやり方でいいんだということだ。
    さすがにこの状況で、PCR 検査を徹底しろなんてバカなことをいう人はいないなよね。

    ダイヤモンド・プリンセス号の感染拡大が世界に先駆けてあったにも関わらず、きちんとした対応ができているということなんだろう。
    まぁ、ぶっちゃけていえば医療体制も含めて、しかも民度の高さも合わせて日本の底力なんじゃないかと思う。
    そこに慢心してはいけないと思うけど、凄いものは凄いと胸を張ってもいいんじゃないかな。ぼくはそれを実感している。
    ジャパニーズ・ミラクルか。

コメントを残す