下がりすぎたモチベーションと体力の関係


    モチベーションというやつがある。じつはいままであまりこの「モチベーション」ってやつを気にすることがなかった。
    いや、学生時代は別か。テスト期間なんかはなんとかやる気を起こそうとしたこともあった。もっともほとんど効果はなかったかもしれない。
    社会人になってからはこの「モチベーション」をとくに気にしたことはなかった。仕事で忙しいときには、勝手に頑張っていろいろとこなしてきたような気がする。

    ところが今回は駄目だ。いわゆる「やる気」がまったく起きない。
    ただ、今回は単に「モチベーション」だけのことではないような気がする。というのも体力がかなり落ちていることが自覚できているからだ。なにしろ、外へ出る気になれない。「ふらっと逗子」という iPhone・iPad 用アプリで公開するための写真を撮りに、毎日のように出かけていたのだが、出かける気になれないのだ。
    海まで散歩が日課だった「海バカ」のこのぼくが海へいく気にもなれないのだ。

    モチベーションと体力がいかに直結しているのかということを、じつは身に持っていま知らされている。
    昨日も blog に書いたけど、体調がよくなくてまずは食欲が落ちていることが一番だろう。体力の回復のためには、なによりもまず食べること。そういうことらしい。
    それでも病院にいってからすこしずつだけど食べる量を増やすことができている。ただ、まだそれが「モチベーション」に直結していない。どうなんだろう、今週末ぐらいにはもうちょっとまともになっているといいんだが。

    ということで、もしかするとリアクションが遅れるかもしれないけど、それは単に「モチベーション」の問題ということでご理解いただけると助かる。やれやれ。

コメントを残す