いまさらだけど、You Tube でコンテンツを観るようになった理由


    このところ平日は毎朝「虎ノ門ニュース」を You Tube で観るのが定番となりつつある。
    じつは You Tube をいままではなるべく見ないようにしてきた。というのも、blog やニュースサイトなどは、自分の都合に合わせて、隙間時間に確認したり、あるいは端折って読んだりと調節できるからだ。ところが動画だと、それなりに時間が必要になる。たとえば端折るにしたって、そんなに都合よく見たいシーンだけというわけにはいかない。いったん見たコンテンツなら別だけどね。

    なにがきっかけなのかよくよく考えてはみたんだが、正確にはわからない。ただ友だちの立花君が You Tube 「ブロガー・立花岳志のたっちーチャンネル」をはじめて、そのコンテンツを見るようになったことがきっかけになっているかもしれない。今年のはじめのことだ。
    それまでは Music 系のビデオしか観なかったのに、ニュース関連のコンテンツを観るようになり、そしていまは毎朝「虎ノ門ニュース」を観ている。

    今回の新型コロナウイルス、あえて武漢ウイルスっていっちゃうけど、これ関連のニュースを知りたくて、いろいろな人のコンテンツを観るようになった。これがなによりも一番大きな理由かもしれない。TV 放送のニュースを一切見ないので、いわゆる呷られたニュースってのは縁がなかったんだが、やはり正確な情報をきちんと入手したい。ニュースサイトでもいいんだけど、こういうときには有識者の、しかもかなりまともな人のコメントで識りたいと考えるのが自然だろう。
    ということで、いろいろな方面のというのも、ウイルスだからといって医学的な知識だけでなく、政治的な、あるいは経済的な幅広い情報を総合的に識る必要があるからだ。この点、既存のマスコミでは幅広い見地を求めるというのはとても難しい。新聞系にしろなんにしろ、まぁ依って立つポジションにも多大な影響を受けるし、総合的な視野でニュースを捉えることがとてもできているとは思えないからだ。

    そんなこんなでいろいろなコンテンツを見ているところなんだが、どうも世間的には保守、あるいは若干右に寄った人たちのコンテンツが多いように思う。まぁ、いまのぼくは若かりし頃とはまったく違って、そういう意見をとても素直に受け入れることができるようになっているので、とてもまともなことしか述べていないように思う。
    変われば変わるものだと思うけれど、やはり日本で、日本人として生まれたわけなので、この日本という国を大切に思うから、どうしてもいまの「リベラル」といわれている人たちの言動を素直に受けとめることができなくなっている。思うに、いま左を向いている人たちってのはほんとうの意味においての「リベラル」をはき違えているような印象すらある。ただ批判したいから批判するという態度しか見えないんだよね。

    まぁ、それはさておき、やはりいろいろな立場の意見は聞きたいので、そういう左に寄っている人たちのコンテンツも見てみたいんだが、これがなかなかいいチャンネルがないんだよなぁ。
    どうしてだろう、ぼくの探し方がいけないんだろうか。もし、このコンテンツがいいよというお薦めがあれば、ぜひとも紹介してもらいたい。

    そうそうタイトルの写真は、ぼくの「Zushi Beach Books」のチャンネルだ。じつはiPhone・iPad 用アプリ「ふらっと逗子」でも動画が見られるようにする予定なんだが、そのテストのためにこのチャンネルを作ってみた。
    作ったはいいけど、ほぼ放置状態になってしまっているので、これからいろいろなコンテンツをアップしたいなぁとは思っている。
    ただ、その場合、どんな内容のコンテンツにすればいいのか、これはこれでいま悩んでいる最中なのだ。
    まぁ、きっとそのうちいいアイディアが浮かぶだろう。といまは勝手に期待だけしているところなんだけどね。

コメントを残す