瞑想、あるいはマインドフルネスと無意識について


    諸事情によって blog の更新が滞っていたんだが、再開してだいたい十日が経った。
    再開当初はすぐに前と同じように書き続けていけるだろうなんて高をくくっていたわけだが、じつは更新が止まった原因のひとつが意外にも、いまだにぼくになんらかの影響を与えていることが解ってきて、ちょっと途惑ってしまっている。
    まずは生活習慣が崩れてしまい、それをいまなんとか建て直そうとしているんだが、これはもうすこし時間がかかりそうなのだ。タイミングというか、カレンダー的な区切りもずいぶんと心持ちに影響するので、早くても来週の頭になりそうな塩梅だ。

    それはいいとして、問題は精神的な部分だ。先月の末にかけてずいぶん気にしていた瞑想といえばいいのか、「マインドフルネス」といえばいいのか、ぼくの無意識と向き合うというテーマが、どこかに吹っ飛んでしまったようで、どこから手をつけていいのか解らなくなっている。
    これは、じつは更新が止まった原因のひとつが大きく影響もしている。まだ、その原因というか、なにが起こったのかをここで書くのは憚られるので詳細を語るわけにはいかないけど、これがかなり大きな部分を占めている。こと自分の無意識と向き合うということについていうならということなんだけどね。
    もしかしたら、あのときぼくは無意識の声を聞いたんじゃないかという体験をしたのだ。

    それがいまのぼくを大いに途惑わせている。
    いやいや、それはただの勘違いで、やはり瞑想なり、マインドフルネスといった方法を用いて、きちんと向き合うべく時間を作らなきゃいけないのだ、ということであればそれでいいんだが。どうしていいのか考え倦ねている。
    なんてことをしていたらあっという間に時間が過ぎてしまっているわけだ。

    生活習慣を建て直すのと同じように、この精神的な部分も元通りにしたいのだが、しかし、これはまだまだふぬけ状態のところがあって、どうなのかな。
    素直に再スタートということになればいいんだけどね。
    ということで無意識のことについては、もしかしたらもうちょっと、いや、かなり時間がかかるのかもしれないなぁ。
    なんて考えている今日この頃であった。

コメントを残す