お腹の張りと食欲と腰痛がいまの問題かな ぼくも癌でした


    何度も書いて申し訳ないんだが、今月の頭に人生の特異点とでもいうべきできごとを経験して、生活習慣もいったんすべてがリセットされてしまった状態になっている。
    なんだかすごいなぁと思っているのが、それまでにきちんとできていたことがリセットされてしまったおかげで、元へ戻すのにじつはちょっと苦労していることだ。これは精神的なものの影響が大きいと思うんだけどね。
    それまでの一日のリズムがさながら崩壊状態になっていて、以前ならだいたい決まっていた食事時間すらも、日によってバラバラになっている。辛うじてキープできているのが就寝時間と起床時間だろか。それでも退院直後に維持していた時間帯からずれてしまっている。
    これは、そのつもりになれば、えいやっと元に戻せると高をくくっているので、いいだろう。ただ気になっているのは「そのつもりになる」ことがあるのかということだけど。

    ということで、じつは体調についてもなんとなく優れない日々を漫然と送っている。
    それではいけないので、ここらで定点観測じゃないけど、いまの状態をきちんと blog に記しておこう。

    ちょっと病院から足が遠のいてしまっている。これはいいことじゃないよね。ぼくの場合は癌、それも肝転移しているので、その状態を把握するためにも、定期的に通う必要があるんだが、いろいろな事情で今月はまだ通院していない。
    これは来週の火曜日にいくことにする。って宣言しないとなんだかいい加減になっちゃうから、3/24 に病院にいくことにする。
    このときには通常の血液検査をすることになるはずだ。それでいまのぼくの状態を数値的に確認することができるだろう。

    いま、ぼくが悩まされているのは慢性的な腹痛だ。
    これはたぶんなんだが、腸が正常な状態にまで戻りきれていないからだと思う。これがそれなりに時間をかければ戻るものなのか、なんらかの手を打たなければいけないのか、いまのところぼくには判断ができない。以前に通院したときには「ちょっと様子をみましょう」と主治医にはいわれていたんだが、それからそれなりに日時が経過しているのにいっこうに改善している様子が伺えない。
    そのせいで、以前のような食生活が送れていないのだ。

    お腹がず〜っと張った状態になっていて、胃は空っぽなのにな、食べるとさらにお腹が張るということを繰り返しているからだ。
    そのせいで食べる機会も減り、一日二食があたりまえになり、さらにその食事の量も 1/2 ほどになっている。栄養のあるものをなるべく食べるようにしているので、そこまで大きな影響はないとは思っているんだが、しかし体重は徐々に減りはじめている。
    そういう意味では、そろそろヤバイ感じてはある。
    ただ、腸のことだからなぁ。投薬ですっきりってな感じにはならないと思うんだよねぇ。便秘じゃないからさ。

    あと、このところ悩まされているのがじつは腰痛だ。
    とくに左腰なんだが違和感を感じて痛み出すと、夜も眠れないほど酷くなるときがある。これは要するに姿勢の問題が大きいんだが、お腹が張っていて寝返りが打てないことが多くて、同じ恰好で寝てしまうことが一因ではないかと睨んでいる。
    あとは座っているときの姿勢だね。どうしてもつい足を組んでしまい、腰に負担がかかっていることが多いようだ。そのために、いまは椅子には意識して深く座るようにしている。もちろん足は組まない。
    これで痛まなくなってくれればいいんだがどうなのか。じつは寝るときに突然痛くなったりするから始末に悪いんだよなぁ。

    ということで、なんだが「快調」とはほど遠い状態でいる。
    なんにせよ、まずは一度病院にいかなきゃだね。

One Reply to “お腹の張りと食欲と腰痛がいまの問題かな ぼくも癌でした”

  1. […] だが、それが一向によくならず、むしろすこしずつだけど悪化していた。前にもちょっといまの状況を blog で書いたけど、食欲も落ちて、実際に食べる量もかなり減っていた。それでもし […]

コメントを残す