小説に光を 「ものがたり屋 弐 トンネル」ついに完結 NOTE 公開したよ


    夕焼けフォトグラファー / 物書き / デジタルコンテンツデザイナーの竹井義彦です。

    NOTE の新作、小説です。新シリーズ「ものがたり屋 弐」を公開していきます。前シリーズ「ものがたり屋 壱」が比較的ショートショートに近い短めのものが多かったのですが、このシリーズはいわゆる原稿用紙で 50 枚前後の短編小説です。2012 年から 2016 年に書かれた物語たちです。
    それぞれを三回ぐらいに分けて公開していきます。第一話は「トンネル」、今回で完結です。
    前からいろいろと噂のあった「トンネル」へいかないかと雅之からの誘いを断った麻美。けれど戻ってこない雅之を案じて、麻美と友加里、それに結人の三人はその問題の「トンネル」へと向かった。実際にそのトンネルに足を踏み入れた三人。そこで麻美たちを待ち受けていたのは、想像を絶するものだった……。

    うっかり閉め忘れた襖の影、街灯の届かないひっそりとした暗がり、朽ちかけている家の裏庭、築地塀に空いた穴の奥。
    気づかなかった身のまわりにある隙間のような闇に、もしかしたらなにかが潜んでいるかもしれない……。

「ものがたり屋 壱」同様、いままで見過ごしてきた怪しいなにかを存分に味わってください。

    せっかくだから、読んだら「スキ」をしてくれると嬉しいです。
    ちなみに投げ銭もできます。文末の「サポートをする」をクリックすると、100 円からサポートできます。
    無料での公開なので、ぜひ協力お願いします。
    写真ページ、そしてラジオ、それからもちろん「Born In the 50’s」ともども、ぜひよろしくお願いします。

    完結に合わせて ePub 版の発売も開始しました。ぜひご購入をお願いします。

「ものがたり屋 弐」第一話 トンネル 3/3
ePub 版「ものがたり屋 弐 トンネル」

「Zushi beach Books」NOTE 総合ページ

Digital Dream Design –「 Zushi Beach Books」


コメントを残す