2020 年なんて年が来るなんて 令和最初の正月だから


    2020 年がはじまった。
    子どもの頃、そもそも 21 世紀というものがとても遠くのことのように感じられていたので、こんな年に生きていること自体、正直な話、信じられない思いでいる。しかも、元号が令和だ。昭和が終わることは頭では解っていても、その次の元号が信じられない思いでいたのに、さらにその次の元号になっている。
    いや、これは皮肉でもなんでもなく、生きていてよかったとこころの底から素直に思う。
    だからこそ、この年を大切にしたいという思いも同時に抱いている。

    毎年、新年になると今年の目標を掲げて、それに邁進するんだけど、今年はぼくはしないよ、という話を書こうと思ったら、なんと一昨年の正月にそんな内容の blog を書いていた。そのときから進歩がないということなのかもしれない。やれやれ。

    なぜ目標を掲げないのかということについては一昨年の blog を参考にしてもらうことにして、今年はどうしたいかということを書いてみよう。
    具体的な目標は作らないけど、それでも生きていく上での指針みたいなものは、やはりきちんと宣言したい。
    一昨年も去年もお題目を書いているんだけど、今年は指針ということにしておこうかな。

    今年はなによりも「アグレッシブ」に生きていこうと思う。
    すべてにおいて「アグレッシブ」に。これが今年の指針だ。
    もうひとつ付け加えると「ラッキー道」を精進していこう、だ。マジだよ。「ラッキー道」はつい一昨日 blog に書評を書いたんだけど、武田 双雲氏の著書の「ラッキー道」を実践して、その道を究めていきたいと、マジで考えている。

    どうやら今年のぼくはとても素晴らしい星巡りにあるらしい。これは石井ゆかりさんの星占いによると、ということだけどね。
    新年早々、ぼくはおせちを食べつつ、この星占いで今年の運勢がどうなのかということを確認したわけだ。
    彼女の占いによると、今年のぼくは「自分の感覚」、「自分の欲望」、「主観」を軸にして動くことができるんだそうだ。
    そういう年ならば、これはもう諸手を挙げて突き進むしかないじゃないか。
    だから「アグレッシブ」に、そして「ラッキー道」を突き進むことにしたいわけだ。

    いままで毎年毎年、今年こそはなんて気負っていろいろと書いてきたけど、今年はそういう気負いとは無縁で、ただ「アグレッシブ」に生きたいのだ。
    きっと思いもかけない素晴らしい年になるよ。
    令和最初の正月だし、このぐらいのことを宣言してもいいよね。

    だから思いっきり、幸せになるよ。


One Reply to “2020 年なんて年が来るなんて 令和最初の正月だから”

  1. […]     ここ何年もぼくは新年にいわゆる「今年の目標」というやつを立てないという話を、つい一昨日書いたばかりだ。     いや、やっぱり目標は必要だからと […]

コメントを残す