LiquidLogic iOS / iPad OS 用のエディタはこれで決まり たまには仕事の話をしよう


    とくにぼくが特別な使い方をしているわけではないと思う。ただ iPad でごくごく当たり前にテキストの入力ができればいいだけなのだ。
    ただし、そう、この「ただし」がどうしてもクセモノになるのかもしれないなぁ。ただし、Dropbox に保存してあるファイルを呼び出して、書きこんでちゃんと保存できればいい。このファイルは html の形式になっているけど、ローカルでしか使わないので、Dropbox を使ってやり取りさえできてしまえばいいのだ。

    なにも html のタグを打って、FTP したいなんてことは、いまのところまったく考えていない。もしかしたら、いずれ iPad で html の編集なんてことをするかもしれないけど、それはまだ考えてはいない。だいたいコーディングには Sublime Text という Mac 用のアプリケーション使っていて、これがいまのところとても使いやすいので気に入っているのだ。だから、もし別の環境、たとえば iPad OS なんかでも html を触るとなると、やはり同じツールで作業をしたいというのがほんとうのところだ。
    環境ごとにツールを使い分けられるほど、ぼくは器用じゃないしね。それがほんとうに効率いいかどうかも疑問だし。

    ぶっちゃけていってしまうと iPad でどんな種類のテキストを打つことになるのかといえば、いまのところ考えられるのは日々の日記とせいぜい blog の原稿だ。このふたつをぼくは Dropbox に放り込んである html のファイルで管理している。
    形式的には html ファイルで日記の管理をしていて、その日記の日ごとの項目の中に blog の原稿も書きこむことにしている。こうして書いた原稿を WordPress にコピペして blog として公開しているわけだ。だからこのローカルのファイルをブラウザで確認することもできるし、ふだんはそうやって日記や blog の原稿を確認している。

    さて、それは Mac ではまったく問題なくできるわけで、Jedit Ωというアプリで書いて、Safari でそのローカルのファイルを確認することにしている。
    ところが、これが iOS や iPad OS だとちゃんとできないのだ。
    まず最初に悩んでしまうのがエディタだ。いままでぼくは iPad でこのファイルに書きこむときには Textforce というアプリを使っていた。使いはじめたのが 2017 年の 9 月。といっても、そこまで頻繁に iPad を使うことはなかったので、これはこれでなんとかなっていた。というか、ファイル単位で管理でできて、読み書きができるエディタというやつはそんなに多くなかっので、これで納得していた。

    ところが今月になって、新しいアプリを見つけてしまったのだ。それが「LiquidLogic」だ。
    ぼくとしてはただきちんとファイル管理ができて、テキスト入力ができればよかったんだが、これがなんと Mac 用のエディタとさほど変わらない機能を搭載した優れものなのだ。
    なによりも画面がとても見やすい。「シンタクスハイライト」なんていうらしいけど、14 の言語に対応していて、言語に合わせて、たとえば html ならタグごとに判りやすく色づけをして、表示してくれるのだ。
    しかもファイル管理もちゃんとできる。もちろん Dropbox のファィルをそのまま扱うことができる。ファイルの保存なんかの操作も判りやすいし、検索なんてこともお手のものだ。ここまで機能が揃っていると、そのままコーディングにも使えちゃうじゃないかと思ってしまえるほど。
    さらに嬉しいのが「プレビュー」できるということ。

    Mac だとローカルに保存しているファイルを Safari や Chrome なんかで Web サイトと同じように表示できるんだけど、iOS や iPad OS だとローカルのファイルをブラウザで確認できない。だからテキストを入力してもそれがどう表示されるのか確認する方法がなかったんだけど、「LiquidLogic」だと、プレビューできてしまうのだ。これがじつにありがたい。画面も二分割できちゃうし、おいおい、これって Mac 用のエディタとどこか違うんだよ、って思えるほど。

    ということで、これから iPad でテキスト入力するには、こいつを使おうと思っている。
    というか、このエディタがあるなら、もっともっと iPad を使うことを真剣に考えてもいいんじゃないかと思えるほど。

    ただ、残念なことは Mac 用の Hagoromo というアプリで作ったファイルを読むことができないこと。これができちゃうと小説の原稿も iPad で書けちゃうんだけどね。
    それをいってしまえば、ただのわがままなのかな。
    小説はやっぱり Mac で書くのが一番なのかもね。


One Reply to “LiquidLogic iOS / iPad OS 用のエディタはこれで決まり たまには仕事の話をしよう”

  1. […]     テキストの編集は以前にも記事を書いたんだが、LiquidLogic がかなり使えるので、テキストはこれで入力することになる。あと、コーディングも状況によってはこれでい […]

コメントを残す