「夏海と拓海」 インデックスを兼ねた総合ページ作りました NOTE 公開したよ


    夕焼けフォトグラファー / 物書き / デジタルコンテンツデザイナーの竹井義彦です。

    大変、お待たせいたしました。NOTE で全話の公開が終わっている「夏海と拓海」の index を兼ねた総合ページを作りました。
    頭から通して読み直したい、そんなことができます。ぜひもう一度、頭から読み直してください。
    同い年なのに叔母と甥の関係の若いふたりが、逗子を舞台に SUP を通して成長していく姿を描いた「夏海と拓海」。逗子はもちろん、SUP とサーフィンの魅力をたっぷりと味わうことができます。
    夏の逗子海岸で偶然に出逢ったふたりは、その夏を通して大きく成長していきます。夏海の父、拓海には祖父にあたる貝津駿也の死をきっかけとして、ふたりは出逢い、互いの存在を意識しながら、その夏を過ごします。
    高校生としてサッカー部の活動をしていた拓海は、夏海に出逢うことで SUP の魅力を知り、やがて海の魅力に取り付かれていきます。
    夏海は拓海とで会うことで、これからの自分の生き方を真剣に見つめていくことになります。
    そんなふたりがどう関わり、そして成長していくのか、そんな物語を楽しむことができます。

    また、「夏海と拓海」は一冊にまとめた ePub 版の販売をしています。そちらもぜひご購入を。
「夏海と拓海」ePub 版 価格 ( 税別 ) ¥ 1,000 –

「夏海と拓海」総合ページ

コメントを残す