メールマガジン配信するよ ようやくなにがしたいのかが見えてきたのかな


    鳥居 祐一氏の「遠慮しない生き方」という著書に、メールマガジンを発行することは必須だ、という主旨のことが書いてあった。
    それからメルマガのことが気になっていた。
    じつは何年か前にメールマガジンを発行していたことがあったのだ。内容は仕事に直結したもので、半ば無理矢理書いていた気がする。そんなメルマガだから内容は推して知るべし。また登録読者だってたかがしれていはずだ。まぁ、仕事上ということなので、いろいろな関係者に声をかけて、登録はしてもらったはずだ。なんだかありがた迷惑だったかもしれない。
    でも、メルマガなら受信しても読むか読まないかは自由だからね。そういう意味では拘束力は緩めだし、そこまで強制的なイメージはないかなぁ。

    だからといってすぐにメルマガを再開したいかというと、どうもすぐにそういう気にはなれなかった。
    まぁ、以前のメルマガとは違ったものを作りたいという気持ちが大きかったのと、それじゃ、どんな内容にすればいいんだということが引っかかって、どんなメールマガジンを作ればいいのか、さっぱり見当もつかなかったからだ。

    それから意識していろいろな人のメールマガジンを購読してみた。
    鳥井氏の著書を読んだのは三月の末。それから半年以上が経って、ようやくなんとなくだけど、こんなメルマガならいいんじゃないかというものが見えるようになってきた。
    まずは、ぼくらしさを出すこと。メルマガというとどうしてもテキストオンリーといったイメージがある。でも、それだとひと目でぼくらしさの差別化を図ることは難しい。
    タイトル部分には写真をどうしても配置したかった。
    となると html メールになるんだが、じゃ、どうやって作ろうか、なんてことで思い悩んでいた。

    そのときに知ったのがメールマガジンの配信サービス、Benchmarkemail だ。なんてね、まるで自分で調べたみたいだけど、ものくろさんのメルマガで知ったのであった。
    ということで、他の人がどういうサービスを利用しているのかということも、この半年間でいろいろと確認してきた。

    この Benchmarkemail だと、まず無料ではじめられて、しかも簡単に html メールが作れそうだということが解った。
    実際に最初のメルマガを作ってみたんだが、写真を配置して、それから文章の一部分にリンクを貼ったり、あとは登録のためのリストの管理なんかも手軽にできてしまうので、これはよろしい。

    では、どんな内容なのかというと、実際に登録して読んでもらえば解るけど、素のぼくを晒していこうという内容になっている。
    いろいろな意味で、いろいろな角度からぼく自身をそうやって晒すことで、ぼく自身も自分のことをさらに深く理解できるんじゃないかと、いま真剣に考えているからだ。
    週刊ということで毎週、日曜日の午前中に配信することにした。
    前の一週間をざっくりとまとめて俯瞰することができる内容になっている。
    写真も載っているし、そういう意味では楽しみながら、てきとうに読んでいけるんじゃないかな。

    ということで、ぜひ読者登録をお願いしたい。
    年内はパイロット版ということで、50 名限定の配信になる。ほら、無料でとりあえずはじめるからね。もちろん購読料も無料だ。
    まずはぼく「たけいよしひこ」の素をさらけ出すことが目的だから。
    とはいっても読者がすくないとちょっと寂しいので、よろしくね。
    しばらくは登録フォームを blog のポストにも貼っておくので、ぜひとも登録をお願いします。


「メールマガジン配信するよ ようやくなにがしたいのかが見えてきたのかな」への2件のフィードバック

  1. […]     さてと、あまり天気はよくないけど、申し訳ないが気分がいい。     日記もまとめ終わって、blog ももうすぐ書き終えることができそうだ。     午前中にメルマガを配信することにしたので、これから配信をすることにしよう。 […]

  2. […] うと思ってから、実際に発行する気になるまでずいぶん時間が必要だった。それは前にも blog に書いているんだけど、実際に発行してみて、なにか変わったのかというと、日曜の午前中が […]

コメントを残す