防寒具? ファッションアイテム ? ニット帽を買っちゃった


 故あって、頭をきれいさっぱり剃り落としている。
 まぁ、ちょっと青々としたところが残っていて、まるで修行僧のような塩梅なのだが、それでもまだらの坊主頭よりはいいとは思っている。
 なぜにこうなったのかは以前に blog に書いたのでそれを参考にしてもらいたい。
 手っ取り早くいえば、抗癌剤治療がはじまって髪が抜けはじめてしまったということなんだけどね。
 綺麗に剃り落とすまでにずいぶん苦労してしまった。なにしろ独りものなので、後頭部が確認できずにずいぶん時間もかかってしまったのだ。

 いまはそのときに買ったシェーバーでただ頭をなぞるように剃るだけでいいので楽にはなった。それでも 10 分はかかるかな。
 それはいいんだが冬の寒さがやはり堪えるようになってきた。

 まずマフラーを買って外出するときには首に巻くようにしている。ピッテイ巻きがお約束だ。首元はこれで問題ないんだが、やはり頭が寒い。
 髪の毛がたっぷりあったとき、冬の時期に髪をカットすると耳周りなんかがひやりとすることがあったが、頭からきれいさっぱり髪の毛がなくなっているいま、そのひやり度にはかなりの差がある。
 家に帽子がないかと探してみたが、生憎ベースボールキャップしかない。しかも、ひとつは夏用で、その昔少年サッカーのコーチをしていたときに被っていたものでメッシュになっている。これでは寒さは防げそうにない。
 もうひとつのベースボールキャップはちょっと色褪せてしまっていて、こいつも寒さ対策として適しているかというと首を傾げざるを得ない。そもそも冬の装いにふさわしいのかという疑問も湧いてしまう。

 ということで、外出のついでにユニクロによって物色してみたところ手頃なものを見つけた。さすがに鏡の前で被って確かめるのは憚られたので、そのままレジへ向かい、購入してしまった。
 家に戻ってタグなんかを全部取り払って、試しに被ってみた。色もまぁ、これならなんにでも合いそうだし、そういう意味では合格点だろうか。
 問題はぼくの人相かな。頭剃って、ずいぶん悪くなったような気がしてるしね。まぁ、仕方ないか。

 先日、病院へいくときにさっそく被ってみた。
 いや、予想以上に暖かい。これなら今年の冬は乗り切れそうだ。
 次の冬を迎えたときに、ぼくがどういうヘアスタイルで過ごせるのか、まだ判らないので、そのときのことはそのときに考えよう。
 普段から帽子なんか被らないからね。

 ということでちょっと疑問に思ったのが、このニット帽、ユニクロによると「ヒートテックニットキャップ」というらしいんだが、これは防寒具なのだろうか、それともファッションアイテムなんだろうか ?
 たいしてこだわりがあるわけじゃないんだけど、もしこれが単なる防寒具ではなくファッションアイテムということであれば、ぼくの生活スタイルもずいぶんと変わってしまったことになるんだよね。

 夏になったらストローハットでも被ってみるかな、なんてね。
 それでサングラスかけたら、さぞ人相は悪くなるだろうな。やれやれ。

コメントを残す