七転八倒 激しい胃痛に眠れない夜 ぼくも癌でした


 ぼくも相当な M かもしれないと思ったのは、緊急入院が必要なほど酷い腸閉塞にもかかわらず二週間ほど我慢していたときだ。
 さすがに自分でも呆れてはみたものの、同じ苦痛を味わった人がどんな反応をするのかということを確かめたことがないので、ぼくがどれぐらい我慢強いのか、あるいはヘタレなのかちょっと判断のしようがない。
 でも診断した担当医の表情を見た限り、普通ではないような気はしてる。
 そんなぼくが胃痛のせいで眠れぬ夜を過ごす羽目に陥ってしまった。一昨日のことだ。

 そのときの苦痛がどれほどのものだったのかというと、たとえようがないほどで説明に困ってしまうのだが、マジで朝まで一睡もできないほど激しいものだった。
 じつは一週間ほど前にも似たような激痛に襲われ、そのときは明け方まで続いたことがあった。けれど朝にはなんとか治まり、午後には仕事に出かけることができた。
 というか、このときに素直に病院にいっていればよかったのかもしれないと今になって思うんだけどね。

 この日、仕事から戻ると 20 時過ぎに夕食を摂り、しばらくしてからその胃痛ははじまった。
 最初はなんてことはない違和感だった。胃のあたりがなんとなく重い感じで、やがてシクシクと痛みはじめた。
 翌日、仕事を抱えていたこともあり、そのまま布団へと潜り込んだ。
 潜り込んではみたものの痛みが徐々に激しさを増していき、やがて横になっているのも苦痛なほどその痛みは激しくなってしまった。
 そうなるともうなにもできない。
 ただ唸り、痛む胃を上から手で押さえてはみるもののなんの役に立つはずもなく、ただ激しい痛みが続くだけだった。
 横になっても痛むし、起き上がっても痛む。
 もうどんな姿勢でもただただ激痛が走るだけで、さすがのぼくも苦悶のあまりなにやら泣き言を漏らしながら、そのまま朝まで一睡もせずに過ごすことになってしまった。

 原因などさっぱり解らない。
 ただ、いま投与している抗癌剤のアバスチンの副作用として腸管穿孔なんていうかなり要注意なものもあるので、もしかしてという思いはあった。が、素人判断などしてる場合ではない。
 朝になり少しは痛みが引いてきたので二時間ほど仮眠してから通院している病院へ電話した。
 外来の受付はすでに終わっていたので、救急外来で診てもらえることになり、ぼくは病院へと向かった。

 まだ胃に痛みはある。姿勢を正して背を伸ばすと胃にずーんという痛みが走る。ただ昨日の夜のようにのたうち回るような痛みではないことは確かだけどね。
 ともかく簡単な問診のあと、採血、そして CT スキャンをすることになった。
 そして待つことしばし。
 結果が出た。

 その結果、なんとなんの異常もなし、だった。
 いったいどういうことなのか ?
 現時点では、という注釈はつくものの異常は見られなかった。ということはこの痛みはなにが原因なのか ? その答えを得ることはできなかった。
 釈然とはしないけれど、しかし仕方ない。というか、ぼくには判断のしようもないしね。医者からなんの異常も見つけられなかったといわれれば、それをそのまま受け入れるしかないし。やれやれ。

 ということで、ともかく痛み止めの薬を処方されて終わってしまった。
 その後どうなったのかといえば、痛み止めが効いたのか痛みは消えた。
 そして今日の朝を迎えたわけだが、いまのところ痛みが再発することなく過ごすことができている。
 ただちょっと怖いので、いつものような食事を摂ることには躊躇がある。だって、また同じ痛みになったときに我慢できるのかというと、正直自信がない。できたらもう二度と味わいたくないぼどの苦痛だったのだ。

 しばらくは食事は軽めに、そしてアルコール抜きで過ごすことにしよう。
 世間はクリスマスシーズンだというのに寂しいことこの上ないけれど、しかし独りもののぼくがいまさらクリスマスを祝ってみてもなにがめでたいのかよくわからないしね。
 ということで、今夜はぐっすり眠れるんだろうか ?

「七転八倒 激しい胃痛に眠れない夜 ぼくも癌でした」への2件のフィードバック

  1. […]  ただ一昨日の夜、謎の腹痛に襲われて、かなり苦しんだので、そのことを伝えた。正直、このまま抗癌剤の投与を受けるのは不安だったからだ。  去年の年末の頃だけど、やはり同じように腹痛に襲われて、文字通り七転八倒の苦しみをそのときは味合わされてしまったのだ。一昨日は処方されていた痛み止めを飲んだんだが、完全に痛みは去らず、さらに服用することでなんとか凌ぐことができた。 […]

  2. […]  痛みが続くと眠ることすらできないことが過去にあったんだが、ともかく眠ることはできた。もしかしたらこのタイミングになってようやく薬が効いたのかもしれない。ふむ。  朝、痛みはどこかへ去ったようだ。  もう縁がないかなと思っていたこの腹痛だけど、やはりまだしばらくは付き合う必要がありそうだ。  ただ困ったことに原因が判らないので改善のやりようがないんだよね。 […]

コメントを残す