剃髪とはいわないけど ラムダッシュ ES-AST2A-K を購入


 電動のシェーバーを使って髭を剃った記憶がほとんどない。
 もしかすると大学時代にちょっと使っていたかもしれないが、社会人になってからはきっと剃刀で髭を剃ってきたと思う。
 ほぼ毎日繰り返していることなのになぜここまで記憶が朧気なんだろう ? それだけあたり前のことだからなのかもしれない。

 ここ何年かは使い捨ての首振り式 2 枚刃のものを使ってきた。シャワーを浴びた後にそのまま髭を剃っていた。
 このぼくがいまさらなんだってシェーバーを必要とするだろう。
 そんなことは想像すらしていなかった。
 ところが必要になってしまったのだ。

 抗癌剤治療がはじまったのが先月の半ば。最初はとくに気にならなかったのだが、二回の投与後に抜け毛が気になりはじめた。
 シャワーを浴びた後の排水口に抜けた髪が山となっていた。これにはさすがに驚いた。
 いや、抗癌剤で髪が抜ける話は聞いていたよ。ただまさか自分がそういう立場になることを単に想定していなかっただけなんだけどね。

 で、その抜けた毛を見ているとなんだか気分が悪くなってきた。
 ということで、まずは 6mm の丸刈りにしてしまった。これなら抜け毛も気にならないだろうという算段だ。
 確かに抜け毛は気にならなくなった。排水口に溜まることもなくなったし、部屋の掃除をしても髪の毛をクリーナーが吸い込むこともなくなった。

 ところが、今度は丸めたはずの頭の髪がすこしずつまばらになりはじめていることに気づいてしまったのだ。やれやれ。
 こうなったら頭から髪の毛をきれいさっぱり剃り落とすしかない。
 ということでシェーバーを購入するに至ったというわけだ。

 その昔、コピーライターの仕事をメインでやっていた頃に、仕事を頼まれたことがあって、そういえばラムダッシュってやつがあったなということで Amazon で検索、そのままポチって購入した。
 届いたのは昨日。
 さっそく頭をきれいさっぱり剃ってみた。

 ところがですね、これがなかなか大変なのだ。シェーバーだから丁寧に剃っていけば瞬く間になくなるだろうと思っていたんだが、豈図らんや。後頭部なんて見えないから髪がそっくり残ったままになったりして。
 三面鏡なんてものが家にあるわけもなく、手元にあるのは小さな鏡だけ。これで後頭部を確認するのはほぼ不可能。

 でどうしたかというと iPhone で写真撮りながら剃っていったわけだ。
 でも、頭は意外に凸凹があってなかなか綺麗になってくれない。どうしてもシェーバーで剃りきれないところは使い捨ての剃刀を使ってなんとか剃っていった。
 結局、一時間以上かかってしまったかな。
 とりあえず頭を、正真正銘丸めることができた。やれやれ。

 なんだか出家した爺みたいになってしまったけど、これがいまのぼくの偽らざる姿。
 これからは毎日伸びかけたところをこのシェーバーで剃っていくことにするつもり。
 そうそう人相がずいぶん変わったけど、あまり驚かないようにね。

「剃髪とはいわないけど ラムダッシュ ES-AST2A-K を購入」への2件のフィードバック

  1. […]  なぜにこうなったのかは以前に blog に書いたのでそれを参考にしてもらいたい。 […]

  2. […]     調べてみたら、前回、頭を剃り上げたのは 2018 年 10 月 23 日のことであった。あれから二年とちょっとか。また再び頭を剃り上げることになったわけだ。もちろん使っ […]

コメントを残す