ステップアップ

 それは先週の木曜日のことだ。
 いままで味わったことない、いいようのないワクワクを感じた。
 なにか特別なことをしたわけではない。ちょっとしたアイディアを実行してみただけだ。
 なのにこの日一日このワクワクが続いた。

 ピンポイントで時間は特定できる。10 月 26 日の 15 時を 10 分ほど過ぎたときだ。
 そのあと、そのまま逗子海岸へいき浜辺を散歩しながら、そのワクワクがいったいなんなのかをじっくりと考えてみた。そのとき、ふっとその単語が頭に浮かび上がってきた。
「ステップアップ」

 そうだ。その言葉がそのときのワクワクを如実に捉えているような気がした。
 人として、ひとつ次のステージへと移ったような感覚。それをぼくは生まれてはじめて実感していたのだ。
 いままでのぼくと、もちろん姿形は変わっていないけど、ぼくのいるステージがレベルアップしたようなそんな実感。
 例えるのがとても難しいんだが、それまでハンドルをしっかりと握っていないと走れなかった自転車が、いつのまにか手を放しても大丈夫になってしまったように、それまでできなかったことが自然にできるようになってしまった感じ。

 このワクワクがぼくの人生にどんなものにしてくれるのか。いまから楽しみでならない。
 もしかしたらそれはたわいもない変化かもしれない。あるいはとてつもない変化かもしれない。それでもほんの僅かな前進でもかまわない。きっとなにかが変わる。

 不思議なこともあるものだ。
 それをぼくはなんの疑いもなく信じている。

コメントを残す