ProCamera

「下手の横好き」という言葉があるが、カメラについてのぼくはまさにこの「下手の横好き」なんだろう。
 適当にパシャパシャ撮っては Mac の Photos に放り込んで、まぁそれなりに選んでいるつもりではあるんだけど画面で観て済ませている。
 コンデジでいろいろな写真を撮っていた頃は、というかほんとうにいろいろな写真を撮っていて、もちろん逗子の海の写真が多いんだが、たとえば渋谷の街中でキャンディッド写真なんかを撮っていたこともある。まったく見知らない人の表情を撮るわけだけど、キャンディッドだからカメラを構えるわけにはいかない。ちょうどお腹のあたりでカメラを持って角度を適当に合わせて連写するわけだ。
 狙った通りの構図で撮れたときは、素人のぼくでもやはり嬉しい。何枚かはプリントして部屋の壁に飾っている。

 いつの間にか気がついたら iPhone でしか写真を撮らなくなり、いまに至っているわけだが、それもこれも iPhone のカメラの性能がだんだんと優れたものになっていったからだろう。
 いやほら、プロじゃないのでスペックがどうのこうのという話なんかはできない。そんなぼくでも iPhone 8 Plus のカメラは凄いということが解る。もちろん画面の美しさもあるんだが、しかしカメラとしてもなかなかどうして素晴らしいの一語に尽きる。

 昔はいろいろなアプリを使って写真を撮っていたこともあったんだが、なんだかアプリをいちいち起動するのが面倒になり、もっぱら標準のカメラアプリで撮ってきた。
 iPhone 8 Plus を入手してもそれは変わらなかった。
 広角と望遠の二種類のレンズがあるだけでなく、Portrait などアプリとしても熟成していて使っていてとても楽しいからだ。iPhone でボケ味のある写真が撮れるってことだけでも喜んでいたぐらいだから、まぁ、ぼくの素人ぶりもそうとうなものだとは思う。

 でも、今回はちょっと新しいチャレンジをしてみることにした。またまたシンヤ B さんの blog に触発された格好だけどアプリを購入した。それが ProCamera だ。
 写真は設定の画面を表示しているところだけど、画面の上に露出と ISO が表示されていて、スライダを操作することで露出を変えることができる。フォーカスや露出を検出するポイントなんかもすぐに選択できるし、連写をはじめとしたさまざまな機能を好みによって設定できるようになっている。
 プロの使用に耐えるということだけでもアプリとして優れものだということは解るだろう。

 ぼくに機能のすべてを使いこなせるかどうかはかなりの疑問だけど、でもまずはこのアプリをメインに写真を撮っていこうと思っている。だいたい、いまのぼくにとってなにより嬉しいのは Tiltmeter というぐらいだから推して知るべしといったところかな。
 でも海の写真を撮るときにカメラの傾きが画面で判るのはマジで嬉しい。水平線で傾き判断するのはかなり難しいのだよ。

 アプリを購入してすぐにマニュアルを探したんだが、あるにはあったんだけど最新バージョンのマニュアルは残念なことに English と German しかない。まぁ、ドイツ製のアプリなので贅沢はいえないけど、 v 9.5 のマニュアルは日本語があったのでともかくその pdf ファイルをダウンロードしておいた。
 設定の画面を見較べてみたがそこまで大きな変更はなさそうだ。もし、興味があるならこのページでどうぞ。

 で肝心なその写真は標準のカメラアプリと比べてどうなのかということについては、ぼくには語るだけの能力はなさそうだ。
 でもね、まだ使いはじめた段階だけど、こんなことを素人が簡単に語っちゃいけないと思うんだが、なんだかとてもシャープに写せるように気がしている。なにがどうなっているのかは専門家の意見を参考してもらいたいところ。
 ともかく、しばらくは ProCamera を使って iPhone 8 Plus で写真を撮っていくつもり。その作例は、ぼくの Facebook にアップしてる写真でどうぞ。
 今日も何枚かアップしているし、これからアップするので参考になるかどうかは判らないけど観ていただけると嬉しい。

 ProCamera. – Cocologics
 

コメントを残す