鶏ももステーキ 皮はパリパリ身はジューシー 独りメシ

 だいたいいつも買い物にいくときにはすでに夕食のメニューが決まっていて、買うものもわかっている。  ところが昨日は店内であれこれ見ているうちに気が変わって、買い物カゴには鶏もも肉が入っていた。どうやって調理しようかなんて […]

抗癌剤は延期 手術する可能性も出てきた ぼくも癌でした

 九回目の抗癌剤投与をしてから二週間。  一度だけなんだが吐いてしまったけど、それ以外に目立った副作用はなかった。しかし、今回も血液検査の結果、白血球や免疫系の数値がよくなくて抗癌剤投与は延期になった。  主治医の先生も […]

「ぼくも癌でした」 ラジオ第四話 うんちまみれの悪夢 NOTE 公開したよ

 夕焼けフォトグラファー / 物書き / デジタルコンテンツデザイナーの竹井義彦です。  NOTE の新作を公開しました。題して「ぼくも癌でした」ということで、癌治療なんかの話を中心にこれから公開しています。  今回はそ […]

遠慮しない生き方 自分ファーストをどこまでも貫く 読書メモ

 今年の 14 冊目。鳥居 祐一 著「遠慮しない生き方」読了。  直接の知り合いというわけではないんだが、ぼくの友人である立花君の恩人ともいえる存在なんだそうだ。  だからというわけではなく、このタイトルとこの内容ならそ […]

Mac なお仕事、再び Mac の困りごとを解決 Digital Navi Guide

 仕事の定義はなんなのか。  そんなことを考え出すと、きっと何日も、いや下手したら何年も悩んでしまうかもしれないので、ここではあえて気にしないことにしよう。  ともかく、いまのぼく「たけいよしひこ」がやっていることを、仕 […]

フランスの天才学者が教える脳の秘密 脳が変われば世界も変わる 読書メモ

 今年の 13 冊目。イドリス・アベルカン 著、広野 和美 訳「フランスの天才学者が教える脳の秘密」読了。  逗子の本屋はさほど大きくない。書架に並んでいる本もだいたい判っていて、本の並びもほとんど頭に入っていると思って […]

また春が来る がんサバイバーとしてはじめての春 ぼくも癌でした

 気がつくとニット帽を被らなくなっていた。  気がつくとマフラーを首に巻くことがなくなっていた。  気がつくとエアコンのスイッチを入れることがなくなっていた。  気がつくと鳥の鳴き声が心地よく響くようになっていた。  い […]