身体障害者手帳を受け取ってきた ぼくも癌でした

 ぼく自身、そういう意識をまだ持てないでいるんだが、人工肛門、ストーマを造設したことで身体障害者としての対象者になった。一時的な造設の場合は対象ではないんだが、ぼくは一生この人工肛門と付きあうことになっているからだ。   […]

ぼくにとっての癌 しあわせってなんだっけ 2 ぼくも癌でした

「遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった腫瘍のなかで周囲の組織に浸潤し、または転移を起こす腫瘍」  癌について Wiki に記載されている一部だ。  これがぼくの身体の中にある。S 状結腸部分にあっ […]

剃髪とはいわないけど ラムダッシュ ES-AST2A-K を購入

 電動のシェーバーを使って髭を剃った記憶がほとんどない。  もしかすると大学時代にちょっと使っていたかもしれないが、社会人になってからはきっと剃刀で髭を剃ってきたと思う。  ほぼ毎日繰り返していることなのになぜここまで記 […]

強がらない。

 今年の 25 冊目。心屋 仁之助著「強がらない。」読了。  最早なにもいうことはない。ぼくが正真正銘の心屋教信者であることに違いはない。  ただ不思議なことはどうして新刊が出ると手にとって、そして中を確認してレジへと急 […]

ぼくにとっての癌 しあわせってなんだっけ 1 ぼくも癌でした

「死は生の対局としてではなく、その一部として存在している」  知っている人も多いと思う。村上春樹 著「ノルウェーの森」に出てくる一節だ。高校時代に自殺した親友について語るときに出てくる。  この本を読んだのは出版直後だか […]

オストメイトメモ JR 新宿駅多機能化粧室 ぼくも癌でした

 そんなに細かな性格ではないと思っているんだが、トイレにはちょっとしたこだわりが元々あった。  といっても外出先で用を足すときには可能な限りシャワートイレを利用するようにしていたというぐらいだ。  いつから自宅のトイレが […]

オストメイトの憂鬱 ストーマパウチの話 ぼくも癌でした

 人工肛門、ストーマを造設してぼくはオストメイトになった。  中には一時的な措置としてストーマを造設する人もいるらしいが、ぼくの場合は一生、これと付きあっていくことになっている。切除した腸を繋ぎ治すことができないからだ。 […]